FC2ブログ
 新型コロナウィルスの蔓延防止のため自宅にとどまり、2019年8月7日にNHK・BSプレミアムで放送された「甲子園とオバーと爆弾なべ」を観ました。録画して、今まで見ずにあたためていたものです。

 戦後の沖縄が一つになって夢を見た一日がありました。それは1990年夏の甲子園決勝、「沖縄水産」vs「天理」の試合です。
 当時まだ春夏を通じて優勝経験のなかった沖縄勢が、栽弘義監督のもとで初めて決勝戦に進出したとあって、沖縄じゅうが一つになってテレビの中継にかじりついたのでした。道路からは車が消え、店は開店休業。試合は1対0で惜しくも沖縄水産は涙を飲みましたが、この時のテレビのアナウンサーの「沖縄は今日1日だけ、夢を見ました!」という実況は今も語り草になっているといいます。

bakudannabe 202003

 このドラマでは、沖縄出身のアーティストBEGINが作詞作曲した「オジー自慢のオリオンビール」と「オバー自慢の爆弾鍋」に着想を得て、県勢初の優勝に向けて勝ち上がっていく沖縄水産高校の活躍を、戦中・戦後を必死に生き抜いてきた自らの人生と重ね合わせて応援するオジーとオバーを中心に描いています。
 那覇の平和通り、第一牧志公設市場界隈を舞台に、人情味あふれる人々の物語が展開されます。
 ドラマの脚本と演出を担当するのは、映画「ナビィの恋」や「さんかく山のマジルー」で知られる、沖縄在住の中江裕司です。

 あらすじは次のとおり。
 1990年夏。末吉(平良進)とウサ(吉田妙子)の夫婦は那覇の市場で食堂を営んでいる。とはいっても、末吉は酒を飲んでばかりで昼間から働かず、毎日海へ行って変わった漂着物を拾ってくる。ウサは不発弾の破片を再利用した鍋で食堂の料理をつくる。この爆弾鍋で生計を立て、子どもを大学まで行かせたのが自慢だ。
 夏の甲子園が開幕してほどなく、孫娘のゆかり(蔵下穂波)が本土から帰ってくる。理由は語らないが東京で何かあったようだ。
 沖縄水産が勝ち進むにつれて、盛り上がっていく市場。食堂には沖縄の戦後を支えた愛すべき人たちが通ってくる。しかしオジーは高校野球が終わると、食堂の手伝いもせず、海へ行ってしまう。そして、拾ってきた漂着物を食堂に飾る。オバーはそんなオジーを黙って見守っている。
 そんな中、ゆかりはオジーの秘密を知る。海に行っていたのは子どものとき、家族を疎開船・対馬丸の沈没で失ったからだと。
 甲子園はついに決勝へ。みなが食い入るようにテレビにかじりつく中、ウサオバーがいない。オバーは沖縄戦で亡くなった妹の遺骨を今も探している。ゆかりはオバーが爆弾鍋で料理を作るのは、死んだ妹への供養と生きていることへの感謝だと知る。
 オジーがオバーを連れて市場に戻ると決勝戦は大詰めを迎えていた。沖水が負けてしまうが、市場中から拍手が起きる。みなが「オジー自慢のオリオンビール」を歌い出す。

bakudannabe2 202003

 沖縄好きにとっては最高のエンターテインメントに仕上がっています。そして、画面づくりは事前に監督の名を聞かなくとも中江裕司作品とわかるもので、ワクワク感を覚えます。

 何と言っても配役がオキナワンで固めているのがよく、これは中江裕司でなければ集められなかったでしょう。
 末吉とウサ夫婦に沖縄俳優界の大重鎮の平良進と吉田妙子を配し、「さんかく山のマジルー」で主役を張った蔵下穂波がいい娘になって登場。息子を放課後食堂に預けて昼夜働くシングルマザー役は沖縄アクターズスクールでマキノ正幸が見出した逸材の満島ひかり、また、ゆかりの幼馴染みには現代版組踊「肝高の阿麻和利」で7代目阿麻和利役を演じた佐久本宝も出演します。
 島唄界からは大城美佐子、徳原清文が出演していて、三線を弾きながらうたう場面もあります。
 平和通りで路上パフォーマンスをしている唄者は奄美竪琴の名手・盛島貴男。60年前の里国隆そのままという感じです。
 沖縄芝居からは瀬名波孝子、仲嶺眞永、沖縄のお笑い・演劇界からは城間やよい、新垣正弘、津波信一、島袋寛之、現役時代は那覇市の総務部長だったエッセイストの“アコークロー”宮里千里なども登場していました。

 いい作品だったので、DVDにコンバートして保存版にすることにしましょう。

19noharu.gif

   沖縄タイムス社  800円+税
   2019年2月6日 第1刷発行

 第44回沖縄文学賞受賞作「唐船ドーイ」の主人公、私立探偵・新垣ジョージのその後の活躍を描いた長編小説。40年ぶりの再会のための人探しと、偶然知り合った少女をめぐるいざこざという二つの“事件”が並行し、スタイリッシュな会話とともに、コザ、那覇、宮古とそれぞれ雰囲気の異なった街を描くという意欲作。(カバー背表紙から)

 「唐船ドーイ」のほうは、この1月に読み終えています。
 ここでは著者による当書の「あとがき」を以下に引用しておきます。

 祖父が亡くなって数年後。遺品を整理していると古いアナログレコードが出てきた。タイトルは「琉球フェスティバル74 日比谷屋音ライブ」。……出演者には嘉手苅林昌、大工哲弘、知名定男、照屋林助、国吉源次といった大御所たちの名前が並ぶ。
 そのころまだ自宅にアナログプレーヤーがあったので、聴いてみた。観客の熱狂的な歓声の中、沖縄の唄者が迫力ある演奏を聴かせている。すごいなぁ、と思った。が、それきりそのアルバムを聴くことはなかった。流行りのロックやソウルの方がダイレクトに心に響いた。
 それから随分と時間が経ち、私は沖縄に移住した。日々の生活の中で、島唄に出会う機会が俄然増えた。陽気な祝いの席。「唐船ドーイ」でカチャーシーを踊る。夕日が水平線に沈む喜屋武のニンジン畑。ポケットのラジオから流れる「てぃんさぐぬ花」に涙する。三線を習うカミさんが洗い物をしながら低く歌う「娘ジントヨー」にグラスを持つ手が止まる。島唄の魅力が少しずつわかってきた。どれも毎日の生活の中に生きる歌なのだ(カミさんに感謝だ)。
 小説の中に島唄を取り込んでみたらどうだろうと考え、初めて書いた小説が本編である。その後「娘ジントヨー」、「唐船ドーイ」(沖縄タイムス文芸叢書「唐船ドーイ」に収録)と続いた。後から書いた作品に合わせて、「一九の春」は、今回大幅に改稿した。懐かしい登場人物たちに再開でき、楽しい時間を過ごした。
 宮古や八重山の曲を合わせれば、島唄の数は数え切れない。同じ節で歌詞がまったく違う曲も多い。しばらくはこのたくらみを続けてみようと考えている。
 読者に飽きられぬことを願うばかりである。

 ――さて、続く作品にはどんな島唄の名称が冠せられるのでしょうか。たとえば「西武門節」とか、辻町でうたわれていた情けうたなどは、ぐっとくるものがあっていいんじゃないのかな。一読者として楽しみに待つことにしましょう。
(2019.3.4 読)



 新型コロナウィルスの蔓延拡大防止のための外出制限が行われている2020年3月29日(日)、ずいぶん前にDVDを入手してまだ見ていなかった映画「ぱいかじ南海作戦」を部屋のテレビで見ました。

 「ぱいかじ南海作戦」は、2004年に発売された椎名誠の小説。これを2012年に、放送作家・脚本家の細川徹が初めて実写映画のメガホンをとってつくられた作品です。
 2011年11月に沖縄県の西表島でロケが行われています。
 なお「ぱいかじ」とは、沖縄方言で「南風」のことです。

 カメラマンを本業とする男・佐々木は、勤務していた会社をリストラされ、さらには愛する妻・佐和子と別れ、一人寂しく暮らしていましたが、ある日、唐突に気分転換をしようと思い立ち、東京から沖縄へと一人旅立ちます。飛行機から船を乗り継いで辿り着いた島の浜辺には4人のホームレスが先客として暮らしていました。佐々木は彼らとすぐに打ち解け、「ここはパラダイスだ!」と楽しい一夜を過ごしましたが、酔いつぶれて翌朝に目覚めると、持って来たはずの全財産(バッグなど)が彼らとともに消えていました。
 途方に暮れた佐々木は浜で、都会からやってきた青年「オッコチ」や、関西在住の美女2人組「アパ」「キミ」と出会い、4人の奇妙な海浜生活が始まります。女性二人のおかげで料理の質が向上し、不審者侵入防止のためにテント前に掘った落とし穴にイノシシが落ちて大喜び。
 そんなある日、ホームレス4人組の噂を聞きつけた佐々木は、彼らから全財産を取り返すべく、“ある作戦”を決行するために、彼らがいる「北パナリ島」に渡ります。しかし、身構えて臨んだものの、4人とも見事な土下座をして謝るのでした。
 浜に帰ると、美女2人組を連れ帰りにきたおばさんたちがいました。また、元妻の撮影対のADも先乗りでやってきて「イントレ」(高い足場)が必要だと言います。それでは流木などでつくってしまおうかということになり、土下座の4人もやってきてみんなで作り上げます。撮影隊の本体もやってきて大忙しに…。

 主たるロケ地としては、南風見田(はえみた)の浜周辺。県道白浜南風見田線の南風見側終点や、南風見田の浜へと続く細道、大富共同組合売店、大富給水塔などが登場していました。

paikaji 202003

 配役は、主人公の佐々木に阿部サダヲ、佐々木の相棒となるオッコチに永山絢斗、美女2人組には貫地谷しほりと佐々木希、ホームレスのリーダー格のマンボさんにピエール瀧などを配し、りんけんバンドにいた桑江良美もわけのわからない現地語を話す陽気な船頭として登場していました。

 115分の本編と、特典の予告編など。映画の出来としてはまあ普通で、山場のような場面はなくフィナーレでようやく盛り上がる感じ。こうしてみると、貫地谷しほりというのはなんでもこなすいい女優だと思いました。

 外出できない日は部屋で映画を見るのも悪くありませんが、コロナ対策は長期戦になりそうな観測も出ており、これからの日々をどうしようかと不安です。

semishigure1.jpg

   文春文庫  660円+税
   2017年1月10日 新装版第1刷
   2018年7月15日 第3刷発行

 「どうした?噛まれたか」「はい」文四郎はためらわずその指を口にふくむと、傷口を強く吸った。無言で頭を下げ、小走りに家へ戻る幼馴染みのふく――。その頃、海坂藩普組牧家の跡取り・文四郎は、15歳の初夏を迎えていました。
 淡い恋、友情、突然一家を襲う悲運と忍苦。苛烈な運命に翻弄されつつ成長してゆく少年藩士の姿を描いた、傑作長篇小説です。数多くある藤沢作品のなかで不動の人気ナンバー1を誇る、藤沢文学の香り高い情景を余すところなく盛り込んだ金字塔と言っていい名作です。

 出身地の山形県庄内地方をイメージした「海坂藩」を舞台に、政変に巻きこまれて父を失い、家禄を減らされた少年牧文四郎の成長や、彼を慕う武家の娘との淡い恋を描きます。そして、物語の節目節目には、蝉しぐれが鳴り響きます。
 もともとは「山形新聞」の夕刊に1986年7月から翌年4月まで連載されたもので、その後1988年に文藝春秋より刊行。歴史ものでありながら底流に流れる抒情が秀逸なためか、2003年にNHK「金曜時代劇」でテレビドラマ化され、2005年には東宝によって映画化されています。

 「ウィキペディア」から、あらすじを以下に拾っておきます。

 15歳の牧文四郎は、市中の剣術道場と学塾に通い、親友である小和田逸平や島崎与之助との友好を温めながら、隣家の娘小柳ふくに淡い恋心を抱いている。そんな平凡な日々がおだやかに過ぎてゆく中、父である助左衛門が、お世継ぎをめぐる政争にまきこまれて突然切腹させられる。
 残された文四郎は家禄を28石から7石に減らされた上、母、登世と共に普請組屋敷から葺屋町の長屋に移される。また、ふくは藩主の正室に奉公するために江戸に向かう。旅立つ直前、ふくは文四郎に会いに来たが、結局会うことはかなわない。
 罪人の子とさげすまれる中で、文四郎は鬱屈した気持ちを剣術修行にぶつけ、めきめきと腕が上達する。そして、松川道場との対抗試合で勝利した結果、師である石栗弥左衛門が考案した秘剣村雨を、唯一の伝承者である加治織部正を通して伝授される。
 その頃、与之介が文四郎に、ふくは藩主の手が着いて側室お福となったこと、子を身ごもったが流産したこと、それが側室おふねの陰謀らしいことを語る。その後、学問を修めるために江戸に向かった与之介は、ふくが藩主の寵愛を失ったと手紙で知らせてくる。
 文四郎が秘剣村雨を伝授された前の年、家老の里村に呼ばれ、家禄を28石に戻し、郡奉行支配となる旨を告げられる。20歳の時には、正式に郷村出役(でやく)見習いに任じられ、岡崎せつを妻に迎える。
 その後、里村家老と、里村が属する派閥の領袖である稲垣に、欅御殿に潜むふくの息子を里村の屋敷に連れてくるようにとの密命を受ける。ふくは藩主の寵愛を失って暇を出されたはずだったが、それはおふね一派に対する偽装工作であり、ふくは藩主の子を宿していたのである。罠の臭いを感じた文四郎は、逸平や剣術の友である布施と共に欅御殿を訪れ、ふくに事の次第を説明して、共に稲垣派と対立する横山家老の屋敷に脱出するように願う。その時、稲垣派の襲撃隊が屋敷を襲ってくる。襲撃隊を退けた文四郎は、ふく親子と共に横山家老の屋敷に向かうが、稲垣派の警戒が厳しかったため、急遽加治織部正を頼ることにする。その結果、横山派が稲垣派を押さえて藩政の実権を握ることになる。この時の功績により、また父助左衛門の過去の功績が認められ、文四郎は30石が加増される。
 それから20数年後、ふくを寵愛した藩主が亡くなって1年近くたったある日、助左衛門の名を受け継ぎ郡奉行となっていた文四郎は、突然ふくから呼び出しを受ける。そして、懐かしく言葉を交わした後、二人は肌を合わせる。この後出家するというふくと別れた後、後悔と満足の入り交じった思いを抱きながら、耳を聾するばかりの蝉しぐれが響く中、文四郎は馬を駆けさせる。

(2020.3.2 読)


 2020年3月中に買った本は、購入順に次の11冊となります。
 このところの読書ライフが順調で、書棚の「積ん読」のボリュームがぐんぐん減ってきているので、ほくほくしながらの買い足しです。

shirokikame.jpg  kettono.jpg  shosetsuno.jpg

shinzotoyuki.jpg  rekiosunoi.jpg  kanjanoji.jpg

ishigakijimadea.jpg  honninnikiku2.jpg  kyomoumais.jpg

oretachiom.jpg  ayashii taiwan

1 新装版 白き瓶―小説長塚節  藤沢周平 文春文庫 201005 古514
2 新装版 決闘の辻 藤沢版新剣客伝  藤沢周平 講談社文庫 200601 古301
3 小説の周辺  藤沢周平 文春文庫 199001 古258
4 新蔵唐行き  志水辰夫 双葉社 201910 古1146
5 沖縄コンフィデンシャル レキオスの生きる道  高嶋哲夫 集英社文庫 201907 古558
6 短編アンソロジー 患者の事情  遠藤周作ほか 集英社文庫 201812 古621
7 石垣島であやかしカフェに転職しました  小椋正雪 LINE文庫 202002 古536
8 本人に訊く 弐 おまたせ激突篇  椎名誠、目黒考二 集英社文庫 202001 古712
9 今日もうまい酒を飲んだ とあるバーマンの泡盛修業  広小路尚祈 集英社文庫 202001 704
10 おれたちをまたぐな! わしらは怪しい雑魚釣り隊  椎名誠 小学館文庫 201909 759
11 さらばあやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入  椎名誠 角川文庫 201909 792

 1~8は古書で、9~11は新刊で買いました。11冊のうち4を除く10冊が文庫本です。
 本来ならすべてを古書で安く買いたいところですが、近時古書市場の本の値段そのものと送料が上がっており、新刊発刊後かなり待ってもなかなか安くなりません。今回価格に納得して買えたのは3ぐらいのものです。
 けれども、待ち過ぎると新刊の販売が終わってしまったり、古書で買い求めるほうが高くなったりする場合が出てきたりします。
 今回新刊で買ったものは、そうならないうちに古書価格に少々プラスして買ったものとなります。
 したがって今回は、古書買いのメリットが十分生かせない買い物になってしまいました。でもまあ、買えなくなるよりはましでしょう。

 このうち沖縄関係本は5、7、9の3冊のみ。
 沖縄関係で欲しいものは単行本を中心にこのほかにもいくつか、というよりも十数冊をリストアッしているのですが、いずれも自分の興味のレベルと比較して新刊で買うには高く、古書市場でも十分に値ごなれしていないので、もうしばらく待つことにします。
 そうするうちに希少化して新刊価格よりも値が上がったり、売り切れてしまったりした場合には、潔く諦めざるを得ません。それぞれの本は自分にとっていくら以内なら「買い」なのか。この判断がとても重要となります。(笑)

okibun100.gif

   ボーダーインク  1500円+税
   2018年10月10日 第1刷発行

 戦前の文芸復興から現在の文壇まで、文学者と作品で綴る100年の物語。
 いつもながら、沖縄文芸に関する幅広い知識とそれを通史化する能力を有する仲程昌徳氏の著述には敬服します。多くの書物をきちんと読まれているのでしょう。
 本書は、『沖縄文学史粗描』(ボーダーインク、2018)を出した後に、これまで書いてきたものを下敷きにして仕上げたものであるとのこと。

 1909年、伊波月城(いはげつじょう)という人物による「獄色潮声」と題された随想が「沖縄毎日新聞」に掲載され、月城はそこで「明治42年は沖縄に於ける文芸復興の第一年だと見て差し支えない」と宣言していたといいます。つまりここに、琉球処分(1879年)後の1世代目が日本政府の強圧的な同化政策によって偏頗な歩みを強いられてきたのに対し、それから30年を経て第2世代に入り、状況に大きな変化が生じてきたことを実感したからだと、著者は述べています。
 そしてさらに、その記事が掲載されてから100年余。さまざまな歴史の波をかいくぐってきた沖縄文学の100年はどのようなものだったのでしょうか。
 著者は、1910年前後から2000年代まで、10年ごとに章分けをし、文学者と作品、そして時代を追っていきます。
 「もう一つの近・現代史」ともいえる深くて広い沖縄文学の世界。
 巻末の人名索引には215名に及ぶ沖縄の文芸人が掲載されており、沖縄文学の何たるかを知る書物としてふさわしい1冊ではないかと思います。

 沖縄タイムスに掲載された書評を以下に付記しておきます。

・被抑圧的な状況への「抵抗」する文学  沖縄タイムス 2018年12月1日
 書名の「100」という数字が重い。さらに「沖縄文学」に関わってきた人たちの名前がズラリと並ぶ表紙に圧倒される。沖縄文学が築いてきた100年という時間を受け止める幅が果たして私たちにあるのだろうか。
 ……という心配は、読後、無用の心配に終わり、沖縄文学の歴史を簡潔にまとめた入門書であるとお勧めしたい。
 著者によると沖縄文学は1910年代から始まる。「琉球処分」により日本の1県として編入されたのが1879年、日清戦争、日露戦争と日本の帝国化が拡大し始めた時期に「日本語」が沖縄でも普及していく。それまで使われていた「沖縄口」と新たな「日本語」のはざまから沖縄文学は生まれてきたといえるのかもしれない。
 文学というと、つい小説を中心に考えてしまうが、著者は俳句・短歌・詩・戯曲も含めて丁寧に資料を洗い出し紹介している。
 沖縄文学が活気づく背景には時代の混乱がある。10年ごとにまとめられた章をたどっていくと、沖縄の近現代史の中で落ち着いた平静な時期というものはなかったということがよく見えてくる。それはもちろん憂慮すべき事態であるが、「ここ」と「よそ」との、「わたし」と「あなた」との、言葉・社会・文化を含めたあらゆる差異が「文学」を生み出すのだから、沖縄には文学の素材が豊富にあると考えられなくもない。90年代は「沖縄文学の収穫期」と著者が指摘するように、沖縄文学の熟度が増したこの時期こそは、社会・政治が一段とねじれ、混迷を深めた時期でもある。
 1910年前後の沖縄社会が抱えていた言語や社会・政治の問題は繰り返し立ち現れてくる。100年にもわたって、私たちが置かれている被抑圧的な状況は変わっていない。
 そういう状況への「抵抗」として沖縄文学は存在してきたのではないか。そうであるなら、さて、2010年以降の沖縄文学の様態はどうなのか気になるところである。これまでの流れを受け継いでいるのか、それとも断絶しているのか。すぐに答えは見えてこないが、興味は尽きない。
(崎浜慎・作家)

(2020.2.29 読)