FC2ブログ
 2019年4月以降、7月29日までに入手した本は、購入順に次の10冊です。

1 おなかがすいたハラペコだ。  椎名誠 集英社文庫 201903 648
2 琉球文学論  島尾敏雄 幻戯書房 201704 古1080
3 あなた  大城立裕 新潮社 201808 古1277
4 入れ子の水は月に轢かれ  オーガニックゆうき 早川書房 201811 古1157
5 ひとりメシの極意  東海林さだお 朝日新書 201810 古516
6 満願  米澤穂信 新潮文庫 201708 723
7 よろずや平四郎活人剣 (上)  藤沢周平 文春文庫 200312 古257
8 よろずや平四郎活人剣 (下)  藤沢周平 文春文庫 200312 古300
9 愛憎の檻 獄医立花登手控え(三)  藤沢周平 文春文庫 201704 古304
10 人間の檻 獄医立花登手控え(四)  藤沢周平 講談社文庫 200212 古299

   ryukyu bungaku   anata.jpg
irekono.jpg   hitorimeshi.jpg   mangan.jpg
yorozuyahei1.jpg   yorozuyahei2.jpg   aizounoori.jpg
ningennoori.jpg

 2、3、4が沖縄関連。
 1、5は食事関係? この類の本は罪がなく、読んでいて疲れない。
 7~10は藤沢周平で、初期作品から順次読んできて、1983年あたりの発表分まで読み進んできたところ。道のりは残すところまだ5分の2ぐらいはあるだろうか。
 6は、1か月近くに及ぶ旅の途中で持参本をほぼ読み尽くしたので、苫小牧の書店で買ったもの。すでに読了していますが、これ、けっこう読み応えのあるミステリーだった。

 1と6を除く8冊は、古書店から割安価格で購入したもの。定収がなくなった身としては、書籍に投じる費用の地道なカットはこれからより一層大事になってくる。

 2019年7月30日以降8月26日までに買った本は、購入順に次の10冊です。

1 運転代行人  大城貞俊 新風舎 200602 古655
2 かぐや姫はいやな女  椎名誠 新潮文庫 201907 561
3 ジュリエット  伊島りすと 角川書店 200107 古258
4 本屋になりたい この島の本を売る  宇田智子 筑摩書房 201506 古387
5 沖縄と私と娼婦   佐木隆三 ちくま文庫 201905 864
6 鬼忘島 金融捜査官・伊地知耕介  江上剛 新潮社 201505 古471
7 歌の旅びと ぶらり歌旅、お国旅 西日本・沖縄編  五木寛之 集英社文庫 201904 古423
8 沖縄コンフィデンシャル ブルードラゴン  高嶋哲夫 集英社文庫 201702 古319
9 沖縄コンフィデンシャル 楽園の涙  高嶋哲夫 集英社文庫 201805 古351
10 小さな恋のうた  平田研也 講談社文庫 201903 712

untendaiko.jpg  kaguyahimew.jpg  juliet.jpg

honyani.jpg  okitowatashito.jpg  kibojima.jpg

utanot.jpg  blue dragon  rakuennon.jpg

chiisanak.jpg

 リタイアして収入がなくなったので支出にはシビアになっており、古書で対応できるものは確実に格安の古書でと心掛けています。古書価格は送料込みです。
 自分にとって本は、読まなければそれで済むというものではないので、買い続けるしかないのです。

 というわけで、2、5、10の3冊が新品で、ほかの7冊は古書です。
 新品は、いずれも古書で買ったとしても価格的にそう大きく違わないものばかり。新品は楽天ブックスでポイントを失効させることなく使って買うので、それらも格安で入手しています。
 また、買った動機別では、シーナ本の2以外は「沖縄」つながりのものとなっています。

 購入書を発行年次で見ると、最も古いのは2001年、次いで2006年で、この2冊以外はわりと最近発行されたものとなっています。

 このところの読書ライフは順調で、2019年の消化冊数は前年同時期を大きく上回っています。そりゃまあ、自由に使える時間がぐっと増えているので。
 本棚に溜まりに溜まっていた未読本の山は少しずつ減ってきているので、ここで少し足しておこうかと考えたところです。

 ここで未読本のストック数を数えてみたところ、60冊近くありました。ということは、これまでだと1年で70~80冊は読んでいたので、今後1年近くは活字に飢えるということはなさそうで、安心です。

 前回(8月26日)以降、11月19日までに買った本は、購入順に次の13冊となりました。

yoko-oki.jpg  kumiodorinos.jpg  ichibakaiwai.jpg

okinoikari.jpg  uchina3dai.jpg  uminotaiyo.jpg

uchinanchutok.jpg  ryukyubunm.jpg  okinoinai.jpg

tabinohyos.jpg  nerawareta.jpg  tokyoizakaya12.jpg

honninnikiku.jpg

1 横浜―沖縄殺人連鎖  斎藤栄 トクマ・ノベルズ 199705 古281
2 組踊の世界  勝連繁雄 ゆい出版 201904 古1446
3 市場界隈 那覇市第一牧志市場界隈の人々  橋本倫史 本の雑誌社 201905 古1179
4 沖縄の怒り  与那覇恵子 コールサック社 201904 古369
5 ウチナー 三大抵抗者の伝説  大下英治 河出書房新社 201905 古806
6 海の太陽  大城貞俊 インパクト出版会 201905 古1480
7 ウチナーンチュときどき日本人  照屋寛徳 ゆい出版 201904 古854
8 「琉球文明」の発見  海勢頭豊 藤原書店 201901 古1090
9 沖縄のいない夏  森永洋一 幻冬舎 201811 古512
10 旅の表層:ユーラシア大陸横断、ラテンアメリカ縦断、そして沖縄 港にたどり着くまで  組原洋 学文社 201807 古600
11 狙われた島 数奇な運命に弄ばれた19の島  カベルナリア吉田 アルファベータブックス 201801 古1090
12 東京居酒屋十二景  太田和彦 集英社文庫 201909 古537
13 本人に訊く 壱 よろしく懐旧篇  椎名誠、目黒考二 集英社文庫 201908 古568

 13と14以外の11冊は沖縄に関連するものです。
 とうとう全冊が「古書」になってしまいました。計算したわけではありませんが、平均すればほぼ定価の半値プラス送料ぐらいの購入額になっているのではないかと思います。

 自分の読書は、発売を待ちに待ったものをすぐに読むというスタイルではなく、本棚の「積ん読」の在庫を眺めてそのときの気分に合ったものをその数十冊の中からひっこ抜いて読んでいるので、こんな感じの購入行動がしっくりきています。
 古書とは言ってもWEB書店が提供するものは概ねきれいなもので、体裁にがっかりするようなことはないわけではないけれども滅多にありませんから、まあ安心です。
 中古価格を調べ、おっ、そろそろ値ごろ感が出てきたな、などと思いながら買うのも楽しいものです。