FC2ブログ
 新年あけましておめでとうございます。
 2019年の正月分から年賀状を書くのをやめ、2年目になりました。今年私宛に年賀状を送っていただいた方に感謝しますとともに、この場を借りて皆様に新春のお慶びを申し上げます。

 さて、2019年3月に仕事を離れて自由の身になってからこれまでの9か月間に、小笠原、房総、北陸・山陰、北海道、東海・紀伊半島、九州と6回にわたって国内を車などで旅してきましたが、この冬季間は、沖縄でロングステイをします。

 沖縄はこよなく愛する地で、これまで50回以上訪問しています。そして、沖縄に出会った四半世紀ほど前からずうっと、リタイアしたなら沖縄に移住したいと思っていました。
 しかし、これでも一応ある程度の節操、分別は持ち合わせているつもりで、何もかも打ち捨ててすぐに移住するようなことはしません。「旅する沖縄」と「暮らす沖縄」とはおそらく別物であるはずで、そのあたりはきちんと見極めて行動するべきだと思っているからです。
 そのあわいにある「滞在する沖縄」をやってみようというのが今回の目論見で、いわばこれがリタイア1年目にやりたかったことの総決算となります。

 沖縄ステイの準備は、リタイアしてすぐの春から少しずつ進めていて、ステイ先は島尻半島東海岸の与那原町。10数年前に海を埋め立ててつくられた新興住宅地の東浜(あがりはま)というところです。5月にはウィークリーマンションを予約して、1月3日から3月4日までの62日間(!)の予定で滞在します。
 仙台からのフライトは片道18,500円の激安料金で往復とも確保し、滞在中のレンタカーも手配済み。また、2019年の年末までには、この滞在が実り多いものとなるようある程度の情報収集をしました。1月初旬は「国立劇場おきなわ」をはじめとして琉球舞踊、組踊、沖縄芝居などの多くの公演が催されるようなので、まずはこれらをたっぷり味わってみたいと思っています。

 滞在の日々の一端をこのブログに書いていきたいと思っていますので、よろしかったら読んでみてください。
 では明後日、沖縄に向けて出発します。

oki-img akada2019
(首里赤田に出現したミルク(弥勒)。世ばなおれ、世ばなおれ……)

 いよいよ沖縄に向けて発つ日がやってきた。1年近く前から準備してきたことで言わば計画どおりなので気負いはないのだが、反面大きな高揚感もないのが予想外だ。まあ、数日間の「旅」とは違って、滞在して「暮らす」わけで、毎日高揚していても長続きしないだろうから、こんな気持ちのあり方でちょうどいいのかもしれない。
 着替えなどの荷物は2019年中にゆうパックで送っているので、8時半前に小さなキャリーバッグ1個を引っ張って歩いて出発。幸いにして雪や雨はなく、この季節にしては気温もそれほど低くはなく、よく晴れている。近くのバス停からバスで山形駅へと向かい、9時発の仙台空港行高速バスに乗る。

0010_20200104080103016.jpg
(よく晴れた山形駅前で高速バスを待つ。今年の冬はここまで降雪がとても少ない)

 空港には10時10分着。まずは長丁場のフライトに備えて食事だ。
 空港内のレストランには大きな期待はしていないので、何か腹に入ればよろしい。エスカレーターでレストランフロアに上がり、右手にあった「MMC ORGANIC CAFE」でいいか。
 カレーライスが980円でこれがほぼ最安。それは過去に一度食べているので、最近マイブームの「昔ながらのナポリタン」1,080円にしてみた。これについてはまだ沖縄のことではないので、別途別のブログで書くことになる。

 機内では飛んでから30分ほどの段階で手元の文庫本を読み終えてしまう。あれまあ、高速バスで読みすぎたかな。別の文庫本は少し前のほうの荷物入れに入れたキャリーバッグに入っているので取ることができず、やむを得ず睡眠をとるはめになる。わりと目は冴えていたのに。時間がもったいなかったな。

 15時10分那覇空港着。すぐにレンタカーのりばに向かい、61泊62日のレンタカーを5万3千円ほどでゲット。慣れないメーカーのナビに翻弄されつつ16時半過ぎには滞在地となる与那原町東浜のウィークリーマンション着。暗唱番号により入り口ドアを開け、これまた暗唱ダイヤル式の郵便ポストの中から部屋の鍵を取り出してようやく入室となる。
 部屋は、想像していたよりも広くなく、ややチープな感じ。というよりも、紹介ページに載っていた写真がゴージャス過ぎて嘘くさかったというのが本当のところだろう。東南の角部屋で、リビングからは東浜の東側の先の未開発地域と、そのむこうには馬天あたりの海が見える。南側は与那原の旧市街と埋立地の間の水路が見え、環境は概ね想定どおりのまあまあといったところだ。
 備品は充実しており、これならば家から俎板だの包丁だの洗濯ばさみだのは持ってこなくてよかったようだ。電気水道はどう使っても定額制で事前に支払っているので、あまり節約せず生活のしやすさ優先で使ってしまおう。

 まずは買い物だ。至近にある東浜のショッピングセンターにはスーパー、100円ショップ、ディスカウントショップ、ハンバーガーのA&Wと何でも揃っているようなので、そこへ直行。
 まずは「ダイソーあがりはまSC店」で、大きい氷を作る製氷皿、その氷が入る大きなコップなどを買う。生活の中で夜の飲み方に使うココには多少こだわりたい。
 そして食料調達のため「スーパーかねひで東浜店」へ。朝用の食パン、マーガリン、牛乳。今夜のビールと缶チューハイ、アテのフーチャンプルー弁当、ごはんに合わせる板海苔や島豆腐、調理等に使う醤油とだし醤油、与那原町のごみ袋など2,100円相当を買う。

0020_202001040801046f2.jpg
(かねひででお買い物。夕日の時間帯になっている。)

 戻って、パソコンがネットにつながることを確認し、一段落して18時半。ここまではいいのだが、テレビを点けると、映らない。「信号を受信できません」とのこと。思わぬところに落とし穴があったという感じだ。何度か初期設定を試みるがうまくいかず、えーいとばかりに工場出荷状態に初期化してから再度試みたら、やっと映るようになった。まったく。もう19時だよ。

 しばらくパソコン作業をしてその後飲み始めたところに、20時過ぎ、山形から送ったゆうパックが到着。着替えはほぼすべてゆうパックに入れていたので、これが着かないうちは普段着に着替えることもできないのだった。
 しかし、インナーにワイシャツといった姿で部屋にいても寒くない。さすが沖縄だ。

 フーチャンプルー弁当を食べて、風呂。自宅で入るように熱い湯に長時間とはいかないような小さな風呂だが、それなりに寛げる。あったまってなかなか汗が引かず、しばらく下着姿で扇風機の風に当たるが、誰にも遠慮することがなく、これも一人暮らしのいいところだ。
 今夜は沖縄第1夜なので、風呂上がりにもう一杯。さっそくつくった大きな氷で缶チューハイを飲む。23時まで飲んで、その後に減速。
 さあ、明日から行動開始だ。

 ウィークリーマンションで迎える初めての朝。外はまだ暗いが、何時かなと思って時計を見ると6時50分。ゆっくり眠ったな。
 東浜のさらに東方の海がようやく明らんできたいわゆる「あけもどろ」の時間帯。沖縄の夜明けだ。「明け」+「もどろ」。谷川健一によれば「もどろ」は本土でつかう「しどろもどろ」の「もどろ」で、まだぼんやりしている状態を表す語だという。昔々の沖縄では、太陽はこの先にある「太陽(てぃだ)の穴」から上がってくると思われていた。神様の住まう「ニライカナイ」もこの東方海上のずっとむこうにあることになっている。
 7時25分にはようやく南城市の山手から朝日が昇ってきた。

0030_202001050719399c5.jpg
(部屋の窓から見えた沖縄の「あけもどろ」)

 これがやりたいと思っていた、トーストチンにマーガリンを塗って食べるゆっくりとしたコーヒータイム。備品のトースターの調子も上々だ。
 テレビのニュースを見、パソコンをしながらそれをやるのは、大きくない1LDKでの一人の朝だからできることだ。持参した保温性の高い大きめのマグカップで飲むコーヒーが香る。こんがりきつね色のトーストにはマーガリンがすごく合うが、いちごジャムでもイケそうだ。
 朝の時間を部屋でまったりと過ごす。旅でやってきたのであればこうのんびりとしているわけにはいかないが、ステイであり、しかもその第1回目の朝であれば、こういう過ごし方もいいのではないか。

 9時過ぎ、出発。まずは今月初旬から観られる組踊等のチケットを買いに、浦添勢理客(うらそえじっちゃく)の「国立劇場おきなわ」へ。10時の開館だったので少し待って、開場と同時にチケットカウンターで6つのチケットを買う。それらは、①今日の新春組踊大公演の「執心鐘入」と「花売の縁」、②明日の新春組踊大公演の「護佐丸敵討」と「万歳敵討」、③1月10日の劇団綾船「冬の夜雨」(かりゆし芸能公演)、④1月11日の「琉球舞踊公演 春夏秋冬を舞う」、⑤1月18日の組踊パロディ「企画公演 ゆらてぃく遊ば」、⑥2月22日の「組踊公演「伏山敵討」(ふしやまてきうち)」。合計16,500円だが、今日の分も含めて全部前売りの金額で買えたし、2月の公演は早割なのかさらに500円安く買えたので、よしとしておこう。

0040_2020010507194108c.jpg
(2か月間の相棒となるレンタカーはマツダのフレアだ)

 その後、部屋にいながらラジオで沖縄民謡を聴くのもいいかなと思い、ここでは中古品を安く売っていないかと「ハードオフ宜野湾はにんす店」まで足をのばしてみる。しかし、ラジオなどという安物はほとんど置いていないのだった。ではいずれ電気店で買うことにするかどうか、よく考えてみよう。価格によるのだろうな。
 一度与那原に戻って、冷たい酒類と今夜のあっさりしたご飯に使う明太子を買って冷蔵庫に入れ、持参した米を2合研いで炊飯の予約をセットし、13時、再度国立劇場へと向かう。

 今日の昼メシはしばらく食べていなかった沖縄そばをぜひとも食べたかったので、途中、南風原町大名の道沿いにあった「中村商店」という沖縄そば屋に飛び込んで、ゆしどうふそば(小)650円を腹に入れる。
 見た目シンプル過ぎてパッとしないけれども、これは写真を撮るときに紅生姜を添えるのを忘れたことが大きく影響している。ゆしどうふの量が少ないのが不満だが、香り高い鰹風味のダシは天下一品だ。沖縄そばのいいところはこれだよな。
 あまり時間の余裕がなく急いで食べたので、その後に汗がドバッと出て大変だった。車にタオルを1本入れておかなければいけない。

0050_20200105071942969.jpg
(「中村商店」のゆしどうふそば)

 「国立劇場おきなわ」には、14時開演の10分前に到着。沖縄の地域間の移動時間の読みなり距離感はある程度身に付いている。
 今日の「新春組踊大公演」は、組踊の祖といわれる玉城朝薫の五番の中でも必ず最初に名の上がる「執心鐘入(しゅうしんかねいり)」と、戦後すぐのクリスマスに捕虜収容所でも演じられたという高宮城親雲上(たかみやぐすくペーチン)作の「花売の縁(はなういぬいん)」の2本が続けて見られるという豪華版だ。
 特に「執心鐘入」については、書籍等で紹介されているのを何度も読んだりしているが、実際に観るのは沖縄通い27年目にして初めてとなる。1719年に首里城で初演されてから300年。実はつい最近、この「執心鐘入」について島尾敏雄が学生向けにわかりやすく講義したのを読んだばかりだったので、見どころやあらすじがよくわかって観られたのがよかった。
 「執心鐘入」では、中城若松役の佐辺良和と宿の女役の新垣悟がよかった。「花売の縁」では、乙樽役の大湾三瑠と森川の子役の島袋光尋。猿引の猿役をやった糸数彰馬はまだ5歳ぐらいだったのではないか。
 終演16時15分。明日の敵討ちもの2本も楽しみだ。

 那覇名物の渋滞にはまりつつ17時までには帰宅して、ここまでのドキュメントを書いて、18時半からは部屋飲みを始める。島豆腐の冷奴とダイソーで買った焼き干し芋。暖かいのでシャツ1枚になって寛ぐ。寒い北国ではいかに暖冬だとはいってもこうはいかない。今日は外では長袖シャツだけで十分で、半袖シャツ姿で歩く人もけっこういた。
 〆は炊き立てごはんに明太子を載せ、海苔でくるりと巻いて食べる。もう最高。こういうものがまずいはずがない。備品の炊飯器のごはんの炊け方もいい。ここまででは備品を含めたアメニティについて、不足感はない。

0060_20200105071943aa8.jpg
(部屋の様子はこんな感じ)

0070_202001050719463b7.jpg
(もう1枚)

 21時半までには飲みと食事を終え、軽くシャワー。あとは本を読んだりして、22時半頃には就寝。

 6時15分に起きるが、まだ真っ暗。目が覚めるのでしょうがないが、日の出の遅い沖縄ではここまで早く起きることはないようだ。昨日の朝を思い出せば、7時ぐらいに起きるのが妥当だろう。それならば、夜はもう少し夜更かししてもいいのかもしれない。
 夜中はエアコンの暖房を点けたまま眠っているが、24度設定で点いたり止まったりしている。薄着に布団1枚で眠って、これでちょうどいい感じだ。暖かいことはそれだけで幸せにつながるものだ。
 今朝も、マーガリントースト2枚に熱いコーヒー。申し分なし。極めて熱く、下唇を火傷してしまった。7時20分ぐらいには外が明るくなってくる。

 昨日分の沖縄ステイのテキストに写真を付けてブログ記事としてアップロードし、天気もいいので8時前から小1時間ほど、マンション近くを散歩する。
 「与那原マリーナ」を右手に見て進み、「A&Wマリンタウン東浜店」は8時からの開店で準備中。「与那古浜公園通り」と「ゆめなり橋通り」の交差点には大型ビジョンが設置されている。18時までに入店すればにぎりと刺し盛り半額(!)になる大衆居酒屋、ステイ先の候補のひとつに挙げていたマンションなどを眺めて、「東浜野球場」の入り口にある「兄弟小(ちょーでーぐゎー)節の碑」を見る。前川朝昭作詞、屋良朝久作曲の、ウチナーンチュの心情を表わした名曲だ。2005年1月、前川本流一門会の建立で、これは2008年2月に一度見ている。あとはニュータウンらしいいい家並みを見ながら戻り足に。
 2008年に寄ったときは造成したばかりだった「与那古浜公園」。公園の一角で寒風吹きすさぶ中、小浜司、新垣小百合、赤瓦ちょーびんらと弁当を食べたのだったが、今朝は長袖シャツ1枚を腕まくりして歩いていてもまったく寒くはない。公園内にジョギング用と思われるトラックを造成中で、この1月末には完成するようだ。

0080_20200106072117869.jpg
(朝日が射すA&Wマリンタウン東浜店)

0090_20200106072121d39.jpg
(メイン交差点には大型ビジョンがあった)

0100_202001060721225ca.jpg
(兄弟小節の碑)

0110_20200106072124b2d.jpg
(沖縄の高級住宅街?)

0120_20200106072131339.jpg
(与那古浜公園)

 11時に再度部屋を出て、ナビがピンポイントで行き先を示せず周辺のいい加減なところに連れていくのでかなり迷いながら、まずは昼食処へ。
 南風原町新川の「ちらー小(ぐゎー)」でてびち煮付け定食(小)800円を食べる。沖縄の家庭料理で何が一番好きかと問われれば、「煮付け」と答えるぐらいに好きな一品。かつての沖縄大衆食堂では定食は大の男でも食べきれないほどに大盛りなのが当たり前だったが、ここの場合は「小」でもあるためかそれほどでもなく、この年齢でも平易に食べることができた。量はそんな感じだが、味はまちがいなし。てびちの骨をしゃぶり尽くして満足がいく。人気店のようで、昼どきになるにつれて順番待ちの行列ができていた。いい店に出会ったと思う。

0130_20200106072131522.jpg
(「ちらー小」のてびち煮付け定食(小)。紅生姜は後付けです)

 その後、南風原のイオンタウンに寄って、買い物をする。タウン内の「ベスト電器イオン南風原店」で交流電源付きのAM・FMラジオが3千円チョイで出ていたので、持参のJCB商品券を使ってゲットする。20年も前に誰かからもらって塩漬けになっていた商品券なので、ほぼタダで買ったような気になる。
 ほかに、牛革製だという幅が広めのベルトを660円で買う。今使っている愛用のベルトがやや長めなので動いているとボトムスがずり下がる傾向にある。しかしそれを短く切ってしまう気にはなれず、ダメもとでもう1本ということで。あとはスキンローションがなかったのでひとつ。

0140_20200106072133313.jpg
(南風原のイオンタウンで買ったものたち)

 13時45分に「国立劇場おきなわ」に着き、今日も「新春組踊大公演」を見る。
 舞踊「かぎやで風」(かじゃでふうと読む)に続いて、組踊「護佐丸敵討」と「万歳敵討」の2本だ。
 「護佐丸敵討」は、玉城朝薫作の別名「二童敵討」のことで、第一尚氏王統時代の話。名君の護佐丸(ごさまる)を殺害した阿麻和利(あまわり)を、護佐丸の遺児の鶴松と亀千代が討つというつくりになっている。
 この組踊ではもっぱらの悪役となっている阿麻和利を演じるのは、昨日も「森川の子」役でメインを張った島袋光尋。連日がんばるなあ。
 「万歳敵討」は、1756年、田里朝直の作で、玉城朝薫の五番にはみられない口説(くどぅち)形式の音楽を使ったり、当時の旅芸人が演じていた万歳を登場させるなどの新しい面がある。節をつけて歌うように唱える「つらね」が数か所しかなく、今でいう「せりふ」が多用されているのも面白い。転用されて舞踊でもよく踊られるようになった「高平良万歳(たかでーらまんざい)」を組踊の流れの中で見ることができたのも僥倖だった。
 仇討ち役の「謝名の子」を演じた金城真次については、もう20年以上前に「沖縄三線入門Ⅰ」というCDで彼の幼い歌声に触れたことがあるが、今は組踊の立方(たちかた)として堂々としたものだ。高平良御鎖(うざし)役は、琉球芸能史に大きな足跡を残した玉城盛義の名籍を襲名した二代目玉城盛義で、彼は2011年までは大田守邦といっていた役者だ。
 本日も16時終演。いやぁ、いいものを見せてもらった。

 帰宅途中には今日もかねひでに寄って食料を調達する。
 今夜のアテは、まぐろの刺身とパック入りのサラダにして、飲み終えたあとは明太子ごはんで〆るという作戦にする。ほかに、青じそドレッシング、おろしわさび、卓上コショウ、冷凍のえだまめなども買って、1,300円ほど。
 17時に帰宅するが、外はまたまだ明るい。山形だったらとっくに暗くなっているはずだ。沖縄はずっとずっと西に位置していることがよくわかる。

 今日のログ付けがあらかた終わり、撮ってきた写真を加工して、ラジオをセットする。ラジオは我慢できる範囲の音だし、チューニングした民放からはBEGINの「三線の花」が流れてきた。
 シャワーを終えて19時。よーし、それでは飲み方開始だな。泡盛残波の黒、通称ザンクロを水で割り、大ぶりのグラスで2杯飲む。
 21時までには出来上がり、その後はラジオの民謡番組やテレビのニュースをチェックし、読書を少しして減速態勢に入る。この土日は公演を見たが、明日の月曜日からの平日はそれもなく、少しは生活が落ち着いていくことだろう。

 22時台には寝室に移動し、しばらく本を読んで、眠くなった段階でそのまま寝る。

 体内時計が正確過ぎて、今朝も6時前からもぞもぞし始め、6時15分起床。この時間では沖縄地方はまだ暗いのに。
 昨日買ったラジオでラジオ沖縄の「暁でーびる」を聴きながら食事。盛和子と吉田安盛夫婦の名コンビがウリの番組だったが、安盛は彼岸に渡って今は息子の吉田安敬との親子コンビでやっているのだった。ウチナーグチと沖縄民謡が耳に心地よい。
 いちごジャムが加わって、トーストはマーガリンと2種類で楽しむ。
 世は今日から今年の仕事が始まる人が多いだろうが、こちらはステイ4日目、初の「平日」を迎えて、ますます滞在気分が盛り上がってくる頃合いだ。

 9時に新年の東京株式市場が動くのでその状況を確認。大きく下げている。
 9時半に外出開始。島尻半島を南に進んで近場のいくつかを見てみようという考えだ。今日もいい天気で、カーラジオでは沖縄本島地方は高気圧が張り出して今日は終日晴れると言っている。

 はじめは南城市旧佐敷町の「シュガーホール」を見る。平成時代の初め頃の竣工だったと記憶しているが、国道の車中から眺めはしたことはあるものの近くまで行くことはなかったので、今回初めて行ってみた。白亜の殿堂という感じだが、なにせ周りには人がいない。自治体が合併すると、それまで各町村で維持していた同じ種類の複数の公共施設の全部に管理が行き届かなくなることがあるのだが、建設当時は鳴り物入りで出来上がったこのホールはそうはならないでほしいと願う。

0150_20200107075035a4e.jpg
(シュガーホール(南城市、旧佐敷町))

 次は「テダ御川(うっかー)」。琉球国王が麦の初穂祭の際に久高島を参拝する途中、この地で豊かに湧きでる水を飲んで休息して海上の無事を祈ったといい、今でも「東御廻り(あがりうまーい)」の聖地になっている場所だ。ここは2度目だが、当時撮影した写真を誤って消してしまい残っていないので、再確認をしてみようということで。一度目のときは上り下りの石段をだいぶ歩いたように記憶しているので、足元をサンダルからシューズに履き替えて進んだのだが、駐車場から海岸沿いの遊歩道を400mほど歩いて簡単に着いた。あれ? 別のルートを通ったのか、それとも単に記憶が間違っているだけなのか。歩いていると終始一方から吹いてくる初夏のような浜風が気持ちいい。

0160_20200107075037cd7.jpg
(テダ御川(南城市、旧知念村))

 次に訪れた「知念岬公園」は、風景がもっと広々としていたように思うのだが、記憶よりも開放感がない。国道からの公園入り口付近は「斎場御嶽(せーふぁーうたき)」にやって来る観光バスの駐車場と化していた。斎場御嶽はすっかり観光地化してしまい、今ではここから500mも歩いて向かうようになったの? かつてはすぐ近くまで車でアプローチできたのだけどな。

0170_20200107075038664.jpg
(知念岬公園から見た「知念海洋レジャーセンター」(南城市、旧知念村))

 馬天の集落を車窓から眺めるなどして与那原へと戻り、まだ11時前だが、板良敷(いたらしき)地区にあった「たけの子食堂」が開いていたので、ここで昼食とする。与那原中心部の「いけだ食堂」が閉店してしまったこともあり、滞在中にはぜひと狙っていた食事処のひとつだ。
 「唐揚げ定食」600円。安いなあ! だが、価格は安くても質、量ともに充実度は高い。アッチッチの唐揚げ6個に千切りキャベツとポテサラと玉子焼き。具のしっかり入った味噌汁に、オレンジ2切れ。ごはんは多くないけれども今の自分には十分な適量だ。ハチミツが入っているアイスティーを好きなだけ、角のとがった新しい氷を入れて飲める点もポイントが高い。メニューも豊富だし、なにせ安いし、ここはいい食堂だ。滞在中には何度も行きたい店だ。

0180_2020010707503902a.jpg
(「たけの子食堂」の唐揚げ定食600円)

 腹が満たされた状態ではあるが、一人の生活なので自分で夕食の心配をしなければならない。今日も「タウンプラザかねひで東浜店」に行って買い物をする。今のところここには毎日行っているな。コンビニのような使い方になっている。
 今晩は初めて部屋で、ガス台を使って調理してみよう。野菜炒めが食べたいので、キャベツ、モヤシ、タマネギ、豚肉切り落とし。調味料類も必要になるので、サラダ油、オイスターソース、鶏がらスープの素、七味唐辛子も買う。ほかにはパン、水、海苔、コーヒーを買い足す。

0190_20200107075040ffb.jpg
(滞在中のウィークリーマンション。建物の東側はまだ空き地だ。)

 部屋に戻って12時過ぎ。部屋の備品でまだ確認していないのが洗濯機だ。汚れ物はまだそれほどたまっているわけではないが、洗濯機が4.5kgの小さいものなので、天気もいいし試してみようか。ROKラジオの「ティサージパラダイス」を聴きながらやってみれば特に問題はなく、13時にはベランダに干し終える。量が少ないので簡単だ。

 作業を終えてからの午後の時間帯は読書をしながら、いい風があるので窓を開けて風を入れて過ごす。薄着していても全然平気だし、むしろ気持ちがいいんだものな、すごいよな、沖縄は。
 15時前には洗濯物が完全に乾いて取り込む。

 ところで、14時頃につれあいから電話があり、90歳になる母が脳梗塞で市立済生館病院に入院することになるとの報せがあった。
 大晦日、家族で年越しの夕食をとったときに、めずらしく麦焼酎を飲んだ母が気分が悪くなり、少しの間横になったりしていたのだったが、今朝居室に行くと、呂律がまわらず足がふらついて歩行困難になっていたという。この症状は大晦日のときと同じで、脳梗塞からくるものだったようだ。医者からは2~3週間入院して様子を見ると言われたとのこと。
 事の詳細はわからないが、命にかかわるようなさし迫った危機ではないようだ。しかし、最悪の場合は沖縄ステイを切り上げて帰らなければならなくなることもあるかもしれない。まだこちらに来たばかりなのだけどな。
 考えあぐねてもしょうがないので、その後の状況については連絡を取り合い、対応を考えていこう。

 16時からの1時間は、RBCラジオの「民謡で今日拝なびら」を聴き流す。

0200_20200107075046f97.jpg
(RBCiラジオ「民謡で今日拝なびら」のナビゲーターの面々。番組開始からもう60年近くになる長寿番組だ。)

 18時近くなったあたりで、夕食の準備に取り掛かる。つくり立て、熱々の野菜炒めを食べよう。モヤシだけではなくタマネギとキャベツも使い、豚肉を投入して肉野菜炒めにしたというのが、普段つくり慣れない自分にしては立派だ。味付けもオイスターソースや鶏ガラ出汁を奢っている。ニンジン、ピーマンを使っていないので彩り的にパッとせず、また適当な大きさの食器がないのでラーメンどんぶりというのが泣ける。このほかに冷凍の枝豆をチンしてつまみながら飲む。
 飲んだあとは〆のごはん。明太子を海苔で巻いて食べ、残った野菜炒めのつゆは捨てるに忍びなかったので少々下品だが最後にごはんにかけて食べたら、それもまたやけにうまいんだよなあ。海苔とはこういうものにも合うのだな。

0210_20200107075055f95.jpg
(手製の野菜炒めで泡盛ザン黒を飲む。)

 年明けの東京株式市場はアメリカとイランの間の関係が急激に悪化したのを背景に大下げとなり、持ち株評価は2%ほど下がった。この間に下げた2つの銘柄を買って小利益を狙うのだが、今後ホントに上がるのかどうかは疑問だ。

 シャワーを浴び、22時から「報道ステーション」を見て、あとは本を読みながら減速へ。23時前には寝入っていただろう。

 いったん5時に目が覚めてトイレ。本を読んだりしてみるが、まだ早いだろうと二度寝して、7時起床。まだうっすらと東雲が見えてきたぐらいの明るさだ。昨日よりも雲が多いようだが、いい天気は続いている。

 9時過ぎまで部屋作業をして、今日自分にとって最もやりたいことは何かと考え、だいぶ長くなっている髪を切りに行こうと思い立つ。髪はだいたい2か月おきぐらいに切っている。前回の散髪は11月14日でまだ2か月経っていないが、そのときの切り方がいつもよりも少なく、ずっと半端くさく感じていたのだった。沖縄で暮らすに当たって現地の理容店で頭をさっぱりするのもいいのではないか。
 南風原に安い理容店があることをキャッチして、その「こうのいけ南風原店」へ。カット・シャンプーが1,430円。手際重視のスピード仕上げだが、衣服等への小さな髪の毛のくっつきもなく、出来栄えもそれなりに納得できるものになっている。
 床屋に関しては子供の頃からずっと同じ店で切ってもらっていたが、別の店でも大きな問題はないことが、この齢にしてようやくわかった。
 10時過ぎにはもう終わって、店をあとにする。

 まっすぐ部屋に帰るのも芸がないので、車を流して行き当たりばったりに進んで、気になったものがあったら立ち止まることにする。理容店から南進し、「本部公園」というところに行ってみる。丘のてっぺんを削って公園にしていて、園内には「野菜王国チンクヮーランド」と名の付く遊具設備があり、幼稚園児の一群が遊びに来ていた。ところでチンクヮーって何? 調べてみると、ウチナーグチでかぼちゃのことのようだった。

0220_202001080732051f6.jpg
(本部公園の「野菜王国チンクヮーランド」)

 いくらなんでも行き当たりばったりでは何を見ていいのかわからず、ただウロウロするばかり。やはりある程度は調べた上で行動しないと、あまり意味のないことになってしまう。
 走っていてショッピングセンターを見かけたので入ってみる。「マックスバリュ南城大里店」。おお、ここには「Jimmy’s」が入っている。ここのアップルパイを食べたいのだが、ホールケーキの丸買いでは一人身には量が多い。だが、ほほう、カットしたものも置いているではないか。これならいける。今日はいいけど、近いうちに買って食べよう。

0230_20200108073206669.jpg
(マックスバリュ南城大里店)

 今夜つくろうと思っているキャベツとタマネギのコンソメ煮に必要なコンソメとベーコンを買う。今日の昼食はどこかで沖縄そばにしようかと思っていたのだが、商品を眺めているうちに、卵と揚げ物の総菜を買って部屋でうどんを茹でて食べたらさぞうまいのではないかと思い立ち、そう思ったら変更した方向にまっしぐら。買って部屋で食べることにする。
 この店舗は袋入りのカット野菜とか380円の生寿司とか、一人暮らしに合うお買い得品が多いような気がする。コロッケは1個48円と安い。しかも、食べてみたらおいしい。滞在地からここまで買い出しに来たとしてもせいぜい4~5kmほどしか離れていないし、そうしてもいいかもしれない。

 で、家で食べた昼ごはん。乾麺のうどんを茹でて、生卵を落としたつゆで啜り上げる。2種のコロッケ付きだ。
 夏のような気候のなかで啜るもりうどんはたまらなくうまい。1袋160gを一気に食べ終える。残ったつけだれにお湯を注いで蕎麦湯のようにして飲むだけで、ぶわりと汗が出てくる。でもその汗は、室内を通り抜ける風が乾かしてくれる。この日、八重山地方の各地では軒並み最高気温が25度を超える夏日になったようだった。

0240_2020010807320718f.jpg
(夏のような日の昼メシはうどんだ)

 母の病院から、午前中のうちに電話が入っていた。何事かと折り返すと、ただの病室が変わったことの連絡だった。病院から電話は精神衛生上いいものではない。

 13時過ぎに再度外出して、与那原の旧市街を中心に1時間半ほど歩いてみる。
 旧海岸と振興埋立地の境界につくられた運河沿いを歩いて、知念高校、与那原中学校を眺め、2007年に架けられた「あがりはま橋」を渡って、国道331号の南側へ。
 古いスナックが並びノスタルジックな「オリオン通り」、役場に近い「上の森公園」脇の坂と進んで、「与那原町立軽便・与那原駅舎・展示資料館」へ。2014年に復元されたもので、ここは最近一度見に来ている。
 国道北側に戻った旧市街では、「親川(うぇーがー)」と「御殿山(うどぅんやま)」の旧跡を見る。
 東浜に戻って、途中JAが営業する「ファーマーズマーケット与那原あがりはま市場」に入って見る。野菜類がすごく安い。近く白菜鍋をつくってみたいので、その時はここで調達することにしよう。売っていたあんだんすうも欲しい。
 歩いたら暑くなってきた。部屋に戻って窓を開け、汗の滲みこんだ服を脱ぐのだが、Tシャツは持ってきたが短パンまでは必要ないと思って持ってこなかった。だって、南国とはいえ1月なのだぞ。

0250_20200108073208e2e.jpg
(きれいに整備されたマンション沿いの運河)

0260_20200108073209e18.jpg
(運河の向かい側は高校と中学校)

0270_2020010807321176d.jpg
(軽便・与那原駅舎・展示資料館)

0280_20200108073215242.jpg
(ファーマーズマーケット与那原あがりはま市場)

 その後は部屋で、炊飯の準備をして、本を読んだりラジオの民謡を聴いたり。本を読めば眠くなる習性はしっかりと身に付いてしまっているので、短時間の昼寝も。

 18時を前に再起動して、キャベツとタマネギのコンソメ煮をつくる。これは簡単。マーガリンと粗挽き胡椒を使って味をカスタマイズする。あまり煮込み過ぎないようにして食べたら、コレハウマイ。ほかに島豆腐の冷奴を加えて、缶チューハイの500mlを飲む。
 19時のNHKニュースを見たあとの〆は、炊き立てごはんに生卵をかけて、海苔で巻いて食べる。どこからどう考えてもこれがまずいはずはない。シンプルイズベスト。ごてごてしたものは何もいらないのだ。

0290_20200108073223d89.jpg
(夜はキャベツとタマネギのコンソメ煮をアテに缶チューハイ)

 休日よりもずっと静かな、平日の夜。東側の道路を走る車の量は少なくなるようだ。
 東京株式市場は昨日は下げたが、今日はその一部を取り戻す上げとなる。あくまでも一部であって全部もしくはそれ以上ではないのだが、昨日買った銘柄のひとつを売って、1日で1万8千円の利益を得た。仕事に邪魔されずにわりと自由に時間がとれる人間にとっては、こういうこまめな売り買いが功を奏するのではないかと思っている。

 ニュース番組を眺めて、23時頃には消灯と相成る。

 小用のため5時45分に起きて、まだ早いぞとベッドで読書。6時半に活動し始めて、「暁でーびる」の民謡を聴きながらトーストと昨晩つくったコンソメ煮で朝食。量を加減してつくっているつもりでも、足りないのでは困るという思いが働くためか、一食分ちょうどというわけにはいかない。朝に食べるのにフィットするぐらいの量が残っていた。

 外は小雨模様。ずっと晴れていた沖縄もここで初めて天気が崩れた形だ。予報では、本島南部は午前中の降水確率は50%、午後はゼロ。そういうことであれば、午前中はゆっくり部屋で過ごし、昼近くに外に出て食事をして、焼け落ちてしまった首里城界隈と、首里から先に延伸されたばかりのゆいレールの沿線付近を見に行くことにしよう。
 2日に1回と決めている髭剃りをして、時折鳴る知念高校のチャイムを聞きながらベランダごしで読書をする。冬なのに毎日日射が強かったので、たまさかの雨も部屋にいれば悪くない。まして午後には上がるというのであれば。

 なかなか太陽が顔を出してくれないのだが、11時過ぎにはドライブを開始。風が強く気温が上がらないが、冬ってそういうものだろうという気もする。
 「首里りうぼう」の駐車場に車を停めて、2lのペットボトルの水を4本買って駐車場代替わりにして、まずは首里の「ななほし食堂」へ。首里の名物食堂「あやぐ食堂」の姉妹店で、これで3回目になるだろうか。カレーライス590円にトッピングの魚フライ100円を添えて。
 スプーンをライスに差し込んだ時点で、ライスが稠密でとても多いことがわかる。ハムのように見えるひらひらの肉を使っているので特別においしいというわけではないが、たっぷりのルーにジャガイモやニンジンがころころ入っていてそれなりにイケる。標準装備のマカロニサラダとサザンドレッシングの生野菜は、「あやぐ食堂」の伝統を受け継ぐ定番の味で、ボリュームも立派。魚フライはカリッと揚げられ、自家製の硬めのタルタルソースがいっぱいつけて食べてねと囁いてくるようだ。
 納得のボリュームと味なのだが、これだけ食べてしまうと今夜は食べずに飲むだけでよさそうな雰囲気になってきた。

0300_20200109072438d70.jpg
(首里「ななほし食堂」のカレーライス+魚フライ)

 食後は歩いて「首里城」へ。首里城は、1992年の復元完成以来何度も訪れてきており、その都度少しずつ整備範囲が広げられていたのを確認してきたのだが、昨年10月31日未明の火災で中心となる部分が失われてしまった。その様子を見て、目に焼き付けておくことも大事だろうと思って。
 龍潭(りゅうたん)通りから県立芸術大学当蔵(とうのくら)キャンパス、弁財天堂と進んで、久慶門からエントリー。廣福門をくぐって下之御庭(しちゃぬうなー)までは行けるが、奉神門から先の正殿・南殿・北殿には入れなくなっていた。外から一部見える瓦礫と化した建物が痛々しい。それにしても、火災から2カ月半も経っているのにその後の動きが緩慢のように思えるのだが、どうなのだろう。

0310_20200109072440d4f.jpg
(焼け落ちた首里城の一角。これは北殿だろう。)

0320_20200109072441c0e.jpg
(正殿前、御庭(うなー)の北西側から見た北殿。ひどいものだ。)

0330_202001090724430e8.jpg
(火災が発生した10月31日朝の正殿周辺の様子)

 その後、今は首里中学校の敷地となっている「聞得大君御殿(ちふーじんうどぅん)跡」や、昔から首里名物の「のーまんじゅう」を売る首里久場川町の「ぎぼまんじゅう」の店を見る。まんじゅうは1個160円だが、満腹の状態では饅頭の入る余裕はしばらくなさそうなので、買うまでには至らない。首里でも「Jimmy’s」を見つけるが、同様に今ケーキを買おうとは思わない。

0340_202001090724449cc.jpg
(首里久場川町から、北へと伸びたレールを眺める。)

 車で移動して、新しく切られた「前田トンネル」(浦添市)の上方にある「玉城朝薫の墓」も見る。玉城家はその後「辺士名」と改姓して今に至っているとのことで、ここが現辺士名一族の門中墓となっている。曲線を多用したなかなかいい構えの、きれいに手入れされた墓だった。

0350_20200109072446088.jpg
(琉球組踊の父・玉城朝薫が眠る墓)

 2019年10月をもって首里駅から先に延伸された「ゆいレール」に沿って、道を車で走ってみる。この道は過去に何度か徒歩で通り、沖縄戦の戦跡になっている「前田高地」と、高地争奪戦の中心となった「為朝岩(米軍名ニードルロック)」を探索に行ったものだ。今であればモノレールの「浦添前田駅」で降りればすぐのところとなる。
 新しい終点駅となった「てだこ浦西駅」まで行くつもりで進むが、途中から頭上のレールがなくなり、迷う。あれ?!という感じ。Uターンしてよく見ると、レールがあるところから地下に潜っていくのだった。沖縄のモノレールは地上だけでなく地下も走るようになったというわけだ。

 なんとかたどり着いた「てだこ浦西駅」は、駅はあれども周辺の開発はまだまだこれからのようだった。パーク&ライド用に大きなパーキングビルがつくられていて、そこに停めて駅周辺を視察する。ゲート付きの駐車券方式だが、短時間だったからか駐車料金は無料だった。
 そんなことで、15時前には部屋戻り。戻ってしばらくした頃にようやく陽が射してきたのだった。

0360_20200109072447095.jpg
(ゆいレールの現在の終点、てだこ浦西駅)

 16時までには今日ここまでのドキュメント書きと写真の加工作業を終えて、紅茶を淹れて「民謡で今日拝なびら」を聴く。こののんびり感はステイなればこそで、旅の最中ならこうはいかない。貴重な滞在時間を有効活用しようとして、暗くなるまで、あるいは夜中までかけて、あまはいくまはいしていることだろう。

 少し早いが、18時過ぎから飲み方開始。つまみは柿ピー少々で十分だ。
 ニュースでは、うるま市の養豚場でCFS(豚コレラ)が発生し、アグー豚を含む豚1,800頭を殺処分するために県職員が防護服を着てがんばっているところが映されていた。沖縄では34年ぶりの豚コレラ発生なのだそうだ。正月早々大変なことだろう。自分がそういう立場からようやく無縁になって、こうして自由な時間を送れていることを素直にうれしく思う。
 ほかには沖縄選出の下地幹郎衆議院議員がIR(総合型リゾート施設)の収賄に絡んで立憲民主党に離党届を出したが、本日党から除名処分を受けた由。また、イランがアメリカの軍事施設にミサイルを撃ち込み、両国の確執がにわかに武力行使となって顕在化した。さらに、レバノンに逃亡したカルロスゴーン被告が今夜記者会見。――というように、いよいよ正月気分を脱して世の中が動き始めた。
 本日の株価はこのような世相を反映して年始早々大下げとなっている。下がったところを今日も2銘柄を買う。これらは現在、優良株とは言えない銘柄で、イラン情勢を鑑みれば買うのはチト早かっただろうか。長くは持たずに小利益で十分なのだぞと自分に言い聞かせる。

 テレビでやっていた「志村けんのバカ殿様」を見て薄笑いをしながら、たまごかけごはんを海苔で巻いて食べて、今夜の一人晩餐を終える。昼の「ななほし食堂」がまだ効いており、この程度でも食べ過ぎのようだ。
 あとはシャワーを浴びて、本を読みながら眠りへと進むのは通常どおりだが、ニュースを多めに見たので就寝は遅めの24時頃となる。

 「歌の旅びと ぶらり旅、お国旅〈西日本・沖縄編〉」(五木寛之著、集英社文庫、2019)を読み終える。沖縄に来てから2冊目の読了本となる。

 朝方、尿意で目が覚める。自宅で暮らしていればこういうことはたまにしかないのだが、この差異が生じるわけは、自宅では毎夜風呂でしっかり汗をかいて体内の水分を減らしているからだ。ふだんは風呂で毎晩1kg余り体重が落ちる。しかし、沖縄のウィークリーマンションでは風呂が小さく、追い炊き機能もないのでそういうわけにはいかず、ちゃちゃっとシャワーでごまかすことが多いのだ。
 今日は起きるのをだいぶ我慢して、6時半に起きる。沖縄はこの時間でも真っ暗なので、7時までに起きるぐらいで十分だと思っている。

 ベッドで寝ていたりソファまわりで寛いでいたりすると、これまでにこの部屋を使ってきた見知らぬ人たちの体臭というものが気になってきていた。この先2カ月近くもこれらの備品を使って暮らすことになるので、思い立って洗濯をすることにする。ベッドや枕、ソファのカバー類をあらかたはずして、容量の小さい洗濯機をせっせと2度回しする。
 併せて、ベッドのマットレスをえいやっと裏返し、ソファまわりのゴミを掃除機できれいに吸い取る。どうせやるなら徹底的にやったほうがいい。
 洗ったものはベランダにがしがしと干す。沖縄では冬でも外に干せるし、今日は曇り空だがすぐに乾くだろう。これでどうだろう、匂いに悩まされずに暮らせるようになるだろうか。

0365.jpg
(ベッドやソファのカバーを取って洗う)

 その後は読書をするのだが、しばらくの間身を置く場所がなくなり、パソコン作業や食事をする小さなテーブルを前にして椅子に腰かけ姿勢を正して読むしかなくなる。よし、コーヒーを飲みながら読もう。時折、知念高校からチャイムが聞こえてくる。その音色はとても耳障りがいいが、平日の日中なのに働きもせず好きなようにして悠々と暮らしている自分に気づかせてくれるものでもある。

 最寄りの「第二与那原」からバスに乗って那覇に出向く場合のバス路線とタイムテーブルを調べる。那覇バスターミナルまでなら路線番号37、38、39、41、339が使えると理解した。

 11時半に外出。今日は近場にとどめておく。
 まずは「与那原家」で沖縄そば。各種の沖縄そばがあり、ふつうの沖縄そばにもこってりとあっさりがある。あっさりはいわゆる普通の沖縄そばなので、この店らしい「沖縄そば こってり味」750円をチョイス。
 鰹と豚骨の風味が入り混じった芳醇な香り。これにはまってしまうウチナーンチュの心情がよくわかる。とろりとした舌触りのソーキが極めて美味。与那原家はこのソーキがウリなのだろうな。
 店内のBGMは、大城美佐子の情け歌、そして誰ぞ男性唄者がのったりとうたう「南洋小唄」。イイデスネ。
 以前一度与那原のこの店で食べた記憶があり、そのときもこってりな味わいだったように覚えている。その当時からメジャーな店だったので老舗だとばかり思っていたが、創業は1985年と、そうでもないのだった。
 10年以上前の話だが、当時山形県米沢市に「熊八珍」というラーメン屋があり、そこでは山形では珍しく沖縄そばも出したものだが、その麺はこの「与那原家」のものを使っていたと記憶している。

0370_20200110070546991.jpg
(「与那原家」の沖縄そばこってり味)

 その後クルマを「マリンプラザあがり浜」の駐車場に停めて、散歩を開始。第二与那原のバス停でどの程度の本数があるのかを確認し、旧市街の山の手方面にある「聖クララ教会(与那原カトリック教会)」を見に行く。
 歴史のある教会で、1958年に建造。建築設計界では由緒正しい建物のようだ。だが、素人目には教会自体は十字架もなく鐘もなく、たいしたことはない感じ。周辺には修道院の建物が3棟あり、丘の上からは与那原の町が一望できるのだった。

0380_2020011007054895e.jpg
(第二与那原バス停)

0390_20200110070549a59.jpg
(「聖クララ教会」から与那原の町を見下ろす。)

0400_20200110070551d83.jpg
(聖クララ教会)

 「親川通り」で見つけた古い建物。こういう建物はかつて与那原の町なかには比較的多く残っていたものだが、今となってはほぼ絶滅危惧種だ。中心部の狭い路地ではクレーンが数か所で通行止めをしながら古い建物を取り壊し、新しい建物をつくっている。

0410_20200110070552079.jpg
(旧町内のこういう建物はずいぶん減ってきた。)

 戻る途中、埋め立て区域へと渡る「えびす橋」の南詰に「東宮殿下御上陸記念碑」というのを発見する。近寄って説明書きを見ると、1921年、後に昭和天皇となる東宮殿下が渡欧する際に沖縄に立ち寄り、ここで上陸して与那原駅までの直線道路を歩き、軽便鉄道に乗って那覇に向かった。御召艦「香取」の艦長で沖縄の英雄だった漢那憲和(かんなけんわ)が道案内をしたという。
 2018年の建立なので、初めて見る碑だ。当時はここが海に面した浜だったのだろうが、今は向かい側が埋め立てられて運河のような水路になっている。

0420_20200110070554030.jpg
(「東宮殿下御上陸記念碑」)

 あとは買い物。JAの「あがりはま市場」で油味噌、「カインズホームあがり浜店」で洗濯用洗剤の詰め替え品、「ヴァインドラッグあがり浜店」で常用の目薬、「かねひで東浜店」で各種食料品を買う。

 13時半過ぎに戻り、買い物の荷物を解いて、今日ここまでのログ付けと写真整理をし、洗濯物を取り入れてそれぞれにカバーをかけなおす。
 15時。カバーがかけられて、これで寛いで本を読めるようになったが、ベッドに横になって読めばそりゃ眠くなるわな。本は落ちて、1時間半ほどの昼寝となる。うーん、臭くない。今のところではあるが、清潔なリネン類本来のいいにおいがする。
 左眼が痛い。買ってきた目薬を注してケアする。顔に塗るクリームの成分が眼に入ったのだろうか。それで結膜炎になることはこれまでにもよくあったことだ。

 18時にはタマネギを多めに使った肉野菜炒めをつくって飲酒を始める。ガス台はプロパンで、IHよりも火力が強くていいのだが、備品のフライパンが極小のためうまく炒め物をシャッフルできない。それに加えて、振り過ぎるとガス台まわりに野菜が飛び、こりゃダメだ状態。フライパンの縁が南北大東島の「幕(はぐ)」のようにちゃんとそそり立っていないからこういうことになる。まともなサイズのフライパンは千円あれば買えるが、置いて帰るのがわかっているのに買うのも癪だ。そう頻繁に使うわけでもないし、まあ我慢するしかない。

 飲み食べしながら見るNHKのローカル番組には、かつてNHK-BSでニュースを読んでいた結野亜紀というアナウンサーが出ていて、こちらでは気象予報士として登場している。どのような経過でそうなっているのかはわからないが、勝手に想像すると、一般的な転勤ではなく、配偶者とともに家族で沖縄に移住していて、過去の経歴と予報士の資格を買われて地元局に採用されているのではないか。がんばれ44歳。なにも中央で活躍することだけがキャリアではない。そういう人生も悪くないと思うぞ。

0430_20200110072219bc8.jpg
(BSニュースキャスター時代の結野亜希)

 飲んだ後の食事は、ごはんにあんだんすうと納豆をかけて、それらを海苔で巻いて食べる。こうして食べればごはんっておいしいね。
 20時までには上がり、食器を洗い、火・金の朝の燃やすゴミ回収に合わせて初めてのゴミ出しをして、本日の業務完了。

 あとは軽くシャワーを浴びて、沖縄の新スポットについての情報収集をして、ニュースチェックや読書など。
 22時からは、生中継していたアジア選手権サッカー日本代表のサウジアラビア戦を観たりして、眠くなった頃合いにベッドへ。

 6時15分起床。「暁でーびる」を聴きながらコーンフレークの朝食。昨晩のサッカーは負けたようだ。
 朝焼けをベランダから見るのが朝の日課のようになっているが、考えてみればこれは、すでに造成されているマンションの東側の土地にまだ建物がまったくないから見ることができる。初めて部屋のベランダから景色を眺めたときには埋立地の最東端のはずれにある建物かと少々がっかりしたものだが、むしろそういうロケーションはよかったと、今は思っている。

0440_202001110811103e7.jpg
(6時50分のあけもどろ)

0450_20200111081111ea9.jpg
(7時25分のあがり太陽(てぃーだ))

 左目の痛さはまだ続いているが、原因はやはりいつもの結膜炎のようだ。一昨日の夜、顔に塗ったクリームが眼に入ったようで、その自覚はある。昨晩から持参の抗菌目薬を注して手当をしているが、治るまでにはもうしばらくかかるだろう。目安として3~4日というのも毎度のことだ。
 片眼をかばいながら、山形を発って以降読み終えた本、読みかけの本のインプレを3本書く。

 今日の昼は、ウチナー弁当にしてみよう。沖縄では弁当を売っているところが多く、安くてボリュームがあることで知られている。半面、油がちのおかずが多く、それがごはんの上にぽってりと載せられているので、ごはんが油っこくなっているといううらみがある。
 与那原では、えびす通りに「ティ~ダ家」と「どぅしぐゎー弁当」という昼だけ開く2軒の弁当屋を見つけているし、「あがりはま市場」でもたくさん売っている。近くには「ほっともっと」もある。
 では、「あがりはま市場」に弁当を買いに行こうか。園児たちが団体さんで散歩している与那古浜公園を通って、片道5~6分の散歩だ。
 チキン照り焼き弁当320円と、いなり寿司&ガーリックチキンフライ270円、計590円。弁当の上のほうにかけられているのは、ナスと野菜のあんかけで、ほかに照り焼きとひじき煮、スパゲティなど。充実しているなあ。1食としてはいなり1個分ぐらいが多かったかな。

0460_202001110811134fe.jpg
(ごはんが見えない。これぞウチナー弁当。)

 午後も時間があるので、午前中の食事前から衣類の洗濯を始める。食後には洗濯機が止まり、ベランダに干し物を並べる。自宅にいるとこういうことはつれあいがやってくれるのだが、一人であれば自分でやるし、それはちっとも苦にならない。4~5年前になるが、2年間単身赴任生活をしていた時があり、そのときは一度も汚れ物を自宅に持ち帰ったことはなかった。汚れたものを持ち帰ることのほうが面倒ではないか。
 でも、自分の分以外のものも洗ってくれと言われるとちょっと困る。そういう意味では毎日不平を言わずに洗ってくれているつれあいは偉いのだ。
 洗濯機の能力及びベランダの広さ並びに物干し用具の備品の量から判断すれば、4~5日おきに一度は洗濯する必要があり、一週間は持たなそうだ。まあ、単身赴任時代よりも自由になる時間は多いからそれでもいいのだけど。

 どうも眼が痛くてごろごろするので、あまり本を読まずにいることにして、ベッドに横になってテレビの音を聴いたりしながら目をつぶって休む。ピークは過ぎたと思うのだが、正常化はまだ先のことだろう。
 沖縄ではようやく陽が傾き始めたぐらいの16時、カリッと乾いた洗濯物を取り入れて、「民謡で今日拝なびら」を聴く。上原直彦と、島袋千恵美の代理で元ちゃんこと前川守賢の、二人のウチナーグチシャワーが耳に心地よい。出だしの曲は「やんばる口説」だ。

 夜は、「国立劇場おきなわ」の小劇場に、沖縄県伝統芸能公演(かりゆし芸能公演)のひとつ、「劇団綾船」による悲恋歌劇「冬の夜雨」を観に行く。
 与那原から国立おきなわまではふつうなら30分もあれば着くのだが、夕方の時間帯は50分と、ほぼ倍の時間がかかった。那覇の渋滞は有名なのだ。

0470_202001110811148e7.jpg

 開演後、座長である平良進があいさつ。長く連れ沿った平良とみは亡くなったが、夫のほうはかくしゃくとしたものだ。
 「冬の夜雨」は、歌手玉城貞子がうたうもの。第14回新唄大賞のグランプリ曲だというから、2003年の発表で、音階がヤマトめいたものなので、おそらく沖縄のオバァターにはハイカラなラブソングに聴こえるであろう曲調のものだ。この情け歌に着想して平良進が創作・演出したのがこの歌劇だ。

0475.jpg
(玉城貞子(2015年))

 士族の幸地里之子(宮城茂雄)と遊郭の尾類(ジュリ)のチルー(小嶺和佳子)との悲恋を描く。幸地の父(平良)に結婚を反対され、やんばるへと駆け落ちする2人だが、3年後、里之子は訪ねてきた父の説得でチルーと別れることを決意する。チルーは「立身してまた会いに来て」と約束し、涙で里之子を送り出す。しかし、里之子が戻るのを待ちきれず、病のため一人彼岸へと旅立ってしまう。戻った里之子は悲しんでうずくまるが、そこにチルーの霊が厳かに現れて……。
 わりとメジャーな演目のよう。若い頃から舞踊や歌劇で数々の主役級を張ってきた小嶺は円熟かつ迫真の演技ですばらしく、ますますファンになった。別れの場面では、はかないチルーの表情や演技に思わず涙が出てしまう。齢はとりたくないものだ。いや、これには若いときに見たとしても涙するだろう。
 幸地の父が里之子を命懸けで説得する場面では、平良の鬼気迫る演技が観客の目を引いた。出演者はほかに、宇座仁一、高宮城実人など。宇座の発声がすごい。
 全編ウチナーグチで演じられるので、ヤマトンチュがいきなり見るには辛いかもしれない。でも、理解できれば大きな感動が得られる。筋書きも単純だし、演技のほかに唄三線があり、演者は唄も歌うし踊りも踊る。つまりは総合芸術で、これならば沖縄のオバァたちが大好きだというのも大きくうなずける。沖縄の歌劇とは面白いものだ。

0480_20200111081116c12.jpg
(小嶺和佳子(左) with 宮良良子)

 終演20時半、目尻の涙を気にしながら劇場を出る。
 戻る道すがらにある「ジミー那覇店」に寄って、念願のアップルパイをゲット。また、酒類が減ってきているので、24時までやっている「かねひで東浜店」に寄って缶チューハイを半ダース。あわせて今夜のアテに、値引きシールの張られたサバ味噌煮と厚揚煮もゲットする。
 戻って21時半となるが、そこから飲み方をスタート。今夜はザン黒でいこう。

 ニュースを見ながら23時まで寛いで、その後軽くシャワー。本を少しだけ読み、消灯は24時過ぎとなった。

 昨晩寝るのが遅くなって、寝床に7時までいる。カーテン越しにうっすらと外の明るさが透けてくる時間帯だ。左眼のごろごろ感はまだあるが、徐々に痛くなくなってきている。
 たっぷりのコーヒーと、冷たいミルクを飲みながら、トーストだけの朝食。体が水分を欲しがっているようだ。
 今日から土・日・祭と続く3連休。人出が多くなるので、万年休日、毎日連休の身には身辺があわただしく感じられ、あまり歓迎するものではない。社会で活躍している皆さんが休みの時は、われわれリタイア組はできるだけ静かにして、皆さんの邪魔にならないようにしたいと思っている。

 昨日の歌劇公演の際にもらってきたパンフレットなどを参考にしながら、これから見に行く公演の3つについて、パソコンでチケットを購入する。それらは、
・1月19日の「対馬丸記念館開館15周年記念 組踊上演300周年記念企画 新作組踊「対馬丸」」(琉球新報ホール)
・2月9日の沖縄県文化観光戦略推進事業の「五月九月(ぐんぐぁちくんぐぁち)」(てんぶす那覇テンブスホール)
・2月11日の「THE AGYAAA SHOW(ジ・アギャーショー)」(ミュージックタウン音市場)。
 沖縄に来てから出ないと見つけられなかったものもあるし、これらのほかにももっと見たいものがある。
 上記3本については「イープラス」のサイトで予約し、出かける途中にファミマに寄って支払いをしてチケットを入手する。

 外出は11時過ぎから。この日は新しい商業施設「サンエー浦添西海岸パルコシティ」を見て、14時から「国立劇場おきなわ」の大劇場で「琉球舞踊公演 春夏秋冬を舞う」を見る。

 まずは「サンエー浦添西海岸パルコシティ」。
 国立劇場をさらに西に進んで右に折れると、キャンプ・キンザーの西側の海岸沿いに4車線の道路が新しくできていて、その道沿いに去年の6月にできたというもので、県内最大級だという。
 だだっ広い売り場が1階から3階まであり、最近経験したことがないぐらいの広さがあったと思う。店舗数も豊富で、たとえば靴が買いたいと思えば靴店が数軒入っているので、買う店を選べる楽しさもありそうだ。だが、この広さは自分にの手に余る。うちの母のような高齢者であれば、駐車場から館内にたどり着くだけでも眩暈を覚える広さだろう。
 広いのだが、土曜日の真昼なのに買い物客はそれほど多くなく、客としてはゆっくり見て回れて使い勝手がいい。立体駐車場も40%の利用率だと表示が出ていた。瑞慶覧の「イオンモールライカム店」もできたばかりのときに見に行ったが、そのときよりも空いていたように思えたのだが、どうだろうか。

0483.jpg
(サンエー浦添西海岸パルコシティ)

 パルコシティのフードコートに入っている「御殿山(うどぅんやま)パルコシティ店」で沖縄そばとジューシーを食べる。ぬゎんと合わせて1,133円と、冗談だろうと言いたくなるような沖縄らしくない価格設定だ。しかもここはフードコートで配膳はセルフサービスなのだ。
 首里にある古民家を使った本店はおいしくていい店だと思っていたが、今ではその本店のほかにここと那覇空港、国際通りに店を構え、店ブランドのお土産用やカップ麺までつくっているという。名店もなんだかすっかり世俗化してしまった感じだ。
 食後の感想としては、かつおベースのスープはうまいのだが、どことなく冷蔵庫のにおいのような味がした。ジューシーは沖縄らしくしっかりした量があるので、炭水化物をいっぱい食べたという印象が残った。高いし、「御殿山」はもういいかな。

0485.jpg
(「御殿山(うどぅんやま)パルコシティ店」で沖縄そばとジューシー)

 13時半には国立劇場の駐車場に着いたので、建物の前にある「組踊公園」を散歩してから会場内へ。

0487.jpg
(組踊公園から国立劇場おきなわを望む)

 琉球舞踊公演は、春夏秋冬をテーマにしたもので、眞境名結子、渡嘉敷守良、玉城千枝をはじめとしたベテラン陣による一人舞いや、中堅・若手の群舞、沖縄ならではの季節ごとの行事を舞踊化した作品などがあり、いろいろと楽しめた。
 演目は、「初春」、「本貫花」、「梅の香り」、「浜下り」、「うりずん」、「遊びパーランクー」、「十五夜」、「月下の戯れ」、「綱引き」、「稲穂踊り」、「菊の錦」、「諸屯」、「初ムーチー」。

0490_20200112093628d64.jpg

 記憶にとどめるためにそれぞれを概括しておくと、「初春」は踊り手4人による若衆踊りの口説調。「本貫花」は古典舞踊の代表作の一つで、紅型衣装の肩には貫花、手には房指輪などを纏い、踊りの様式美は白眉。踊り手の饒波園代は2018年沖縄タイムス芸術選賞大賞を受賞した今乗っている小柳ルミ子似の45歳。

0500_202001120936286fb.jpg
(「執心鐘入」で宿の女を演じる饒波園代)

 「梅の香り」は、新川嘉徳作詞・作曲の沖縄民謡に「玉城流珠扇福珠会」を主宰する玉城静江が作舞したもので、男性舞踊家の東江裕吉が舞う。
 「浜下り」は、若手・中堅の群舞。辻でうたわれたサイレン節や、永良部のスンガー節といったテンポのいいものが用いられてほがらかに。
 「うりずん」は、年配の舞踊家4人がむんじゅる笠を手に芭蕉布柄の着物で踊るのだが、踊りがおとなしくて元気がないように見えてしまう。
 「煌扇会(きらせんかい)」家元の又吉啓子の作舞による「遊びパーランクー」は、隊列がめまぐるしく入れ替わる、10人による動きの激しい群舞だ。新垣麻里子はそのリーダー格として真っ先に掛け声をかけながら踊る。目線は常に全体のフォーメーションを気にしている。成長したんだなぁ。その姉の新垣江里子はなんだか落ち着いてしまった感じ。動きはまだ若いが表情が硬いのが気になる。

0510_202001120936352a8.jpg
(新垣麻里子(左)のファンなのです)

 第2部に入って「十五夜は」、「真境名本流明けの会」の真境名あきが舞いを創作し、2014年「国立劇場おきなわ創作舞踊大賞」の佳作を受賞したもので、それを自分で踊るという趣向。ふちゃぎ(沖縄で食される餅の一種。吹上餅)をつくる様子などをケーヒットゥリ節などに合わせて舞うのだが、琉球舞踊の様式美からはほど遠く、動かす手足は徒手体操のように見えないでもないのだった。

0520_2020011209363588f.jpg
(真境名あき(右)with 松田幸乃)

 「月下の戯れ」は男女二人の打組踊り。とぅばらーまなどに合わせて踊るが、これもつまらない。
 「綱引き」は、1949年の創作という古いもので、9人による群舞。唄三線はなく、実際の綱引き時に行われる鉦や太鼓で踊るものになっていて、今回の伴奏は首里山川町旗頭鉦皷隊が務めた。こういう創作舞踊もあるのだな。なお、これに限らずすべての舞踊でオケを使わず生演奏だった。それが国立劇場主催公演の矜持なのだろう。
 「稲穂踊り」は、組踊と舞踊の継承発展に大きな功績を残した眞境名由康の作で、それを眞境名本流を継承する眞境名結子が踊る。だが、今年で芸歴62年目のご高齢とあって、手に持つ稲穂は微妙に震えているし、体幹の衰えも感じ取れなくもない。
 「菊の錦」は、赤い着物を纏っての若衆踊り。3人の踊り手が頭に菊の笠、両手に菊の花を持って、足を踏み鳴らしながら踊る。
 「諸屯」は、古典女踊りのなかでも最も内面の描写が求められ、演技力が試される最高の舞踊演目だ。これを、明治から昭和期にかけて活躍した琉球芸能役者・舞踊家の名を襲名した二代目渡嘉敷守良(旧名・花岡勝子)が舞う。体を動かさずに視線を三方にめぐらせる「三角目付(さんかくみーぢち)」が見どころだ。
 最後の「初ムーチー」は、いまや「沖縄伝統舞踊保存会」の会長でもある玉城千枝が締める。なんだか沖縄の喜劇の女王・仲田幸子を連想させるような体型と笑顔だ。ムーチーづくりの仕草などがある芝居調の舞踊なので、なおさらそう感じてしまう。

0530_20200112093635a7a.jpg
(加那よー天川を舞う玉城千枝(右)with 又吉靜枝)

 ところで仲田幸子は、2019年9月をもって劇団「でいご座」としての活動を終了し、2020年5月には那覇市松山の「仲田幸子芸能館」も閉めてしまうのだそうだ。残念だが、85歳ではやむを得ないのだろうな。
 ということで、終演16時半。じっくりたっぷり琉球舞踊を見せてもらったが、まだ見足りない。若手、中堅の伸び伸びとした踊りがもっと見たい。

 戻った部屋では、一人なので誰も注意しないのをいいことに、20時近くまで今日のログ付けをする。
 その後テレビを見ながら飲み始めようと思ったが、夕食の炊飯のセットをしていなかったことを思い出す。これからではどうかと思ったが、米を研いで炊き始める。どうせ飲み終わるのは21時半頃になるだろうし。
 米は一度に2合炊いて、それを3回に分けて食べる。2食分はタッパーで冷蔵だ。概ね毎晩、あまり肴をつままずに飲み終えたあと、これまでは明太子、卵、納豆、油味噌などと海苔で巻いて食べている。今夜は油味噌がいいな。
 あまりつままずにとは言っても、何もないのではつまらない。今夜は冷蔵庫にある豚肉ともやしの残りで味噌炒めをつくって食べる。味噌を常備していないので油味噌を代用してつくる。もやしを炒め過ぎないようにしようと思ったら少し生っぽくなってしまい、もう少し炒めるべきだったと反省する。ことほどさように料理には案外気を使うものだ。でも、塩の量とか油とか、味付けなんて適当でも、ある程度は食べられることはわかっている。

 食べ終えて、22時には食器を洗い、あとはシャワーを浴びて本日の業務は終了となる。
 今日はあれこれとやっているうちに時間が経ってしまい、本をまったく読んでいない。リタイアしてからは1日当たりのボリュームを増やして100ページをノルマとしているが、もう飲んでしまったし、今日は無理だろう。でも寝る前にある程度は読んでおきたい。