FC2ブログ
2021.01.14 20210113 水
 7時45分起床。この頃までなら尿意もそれほどではなくゆっくり休めている。夜中の室温管理も順調だ。
 ホットコーヒーとカスタードケーキと名がつく小さなお菓子1個で寛ぐ。
 本日の株式市況を眺めて大きな変動がないことを確認して、今月前半に買った書籍8冊の表紙をスキャンして「買った本」の記事を書く。

oki-img 1079
(okinawa-image)

 11時を過ぎてから小雨降る中を、母の入居施設に荷物を届けに行く。部屋から出てきた母は比較的機嫌がよさそうで何より。ぐずぐずと言われたところでこちらとしては対応のしようがないことが多いので困るのだ。

 昼メシは、駅西の「お食事処つばさ」をほぼ3年ぶりに訪問。ここでは何度か食事をしているが、麺類はまだ食べたことがなかった。
 冬ならこれと、麺類メニューのトップを飾っている味噌ラーメン770円を選択。別途「追い味噌」が付いているところが珍しい。スープは決して薄くはないのだけど、せっかくなので少しスープに足したり、箸でつまんで舐めてみたりする。この合わせ味噌の風味がよく、煮出した野菜もたっぷり入っていて、いい仕立てになっている。たまたまだと思いたいが、麺が茹で過ぎ。この点を除けば、上出来のラーメンだと思う。
 量が少し足りないので、あとから半ライス110円を追加し、添え物の漬物と味噌で少し食べた後に、残りをスープにドボン。これがおいしいわけなのだよ、品がないと言わば言え、どうせ一人メシ、うまければそれでいいじゃないか。

 午後は、NFLのプレーオフ観戦がメイン。この日の未明に録っていたNFC第4シードのWASフットボールチームと同5位のTBバッカニアーズ戦@メリーランド州ランドーバーのフェディックス・フィールド。
 WASのチーム名は本来「レッドスキンズ」だが、人種差別的なため今年はそれを使っていない。今年弱かった東地区から7勝9敗で優勝して勝ち上がってきたチーム。QBのアレックス・スミスは今シーズン足の大怪我から2シーズンぶりに復帰したが、そこの調子が思わしくなく、CARパンサーズから移籍したばかりの控えのテイラー・ハイニキーが先発となる。
 一方のTBは、南地区2位での勝ち上がりだが、レギュラーシーズンでは11勝5敗と星はWASよりも上がっている。NEペイトリオッツから移籍してプレーオフに戻ってきたQBトム・ブレイディは、スーパーボウル6回出場の経験を持つ43歳の大ベテランだ。
 こうなると、勝ち方を知っているブレイディのいるTBが有利になるだろうと予想して観始める。TBは最初の攻撃からパス、ランとも快調で、タッチダウンにこそならなかったもののFGで先取する。かたやWASははじめが3&アウトだし、早々のインターセプトもあって、ゲームメイクができない。
 しかし、意外やその後は、NFLでの先発はまだ2度目だという小柄のハイニキーが、いいパスを投げたりモビリティを発揮したりして予想外の活躍を見せ、見どころをつくる場面もあった。さすがにブレイディの貫禄には屈したが、彼のがんばりでそれなりに面白いゲームになった。

heinicke 20210110
(WASは急遽出場したQBハイニキーががんばった)

heinicke2 20210110
(ハイニキーが自ら走り込んでTD! それをルーキーのDEチェイス・ヤングが熱烈アピール)

 夜は、政府の新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象が11都府県に増えたニュースでもちきりだ。栃木、岐阜、愛知、京都、大阪、兵庫、福岡の7府県に宣言を再発令し、東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県に加わった。期間はこの14日から2月7日まで。山形は、この日久しぶりで新規感染者ゼロとなり、これは全都道府県で唯一。

 本日の読書は、「おらおらでひとりいぐも」を30ページ読んで読了、「抗いと創造」を40ページ、「神の島のこどもたち」(中脇初枝著、講談社文庫、2020)を読み始めて60ページ。
 「神の島の……」のはじめの1編は既読感がある。昨年9月に単行本で読んでいるものだった。

 いつもよりもやや早めに就寝態勢をとり、23時半過ぎには眠りに落ちる。

関連記事
Secret