fc2ブログ
 2022年5月中旬から6月中旬までのおよそ1か月間に購入した本は、次の9冊です。

1 海の見える理髪店  荻原浩 集英社文庫 201905 古330
2 天ぷらにソースをかけますか? ニッポン食文化の境界線  野瀬泰申 新潮文庫 200901 古110
3 終着駅は始発駅  宮脇俊三 新潮文庫 198508 古298
4 ふるさとの生活  宮本常一 講談社学術文庫 198611 古369
5 納豆に砂糖を入れますか? ニッポン食文化の境界線  野瀬泰申 新潮文庫 201309 古220
6 人間の集団について―ベトナムから考える  司馬遼太郎 中公文庫 199609 古220
7 朽ちないサクラ  柚月裕子 徳間文庫 201803 古220
8 ウツボカズラの甘い息  柚月裕子 幻冬舎文庫 201810 古220
9 カモちゃんの今日も煮え煮え  鴨志田穣・西原理恵子 講談社文庫 200707  古110

uminomieru.jpg  tenpurani.jpg  shuchakuekiwa s

furusatono s  nattouni.jpg  ningenno.jpg

kuchinaisakura.jpg  utsubokazura.jpg  kamochanno ni

 いずれも古書で、主としてブックオフオンライン、ほかにはブックオフの店舗、アマゾンから買っています。この9冊で2,097円でした。

 1は、NHKのテレビドラマを観て、読んでみようと思ったもの。荻原浩作品は初めて読みます。
 2と5は、ブックオフの棚で見つけたもので、かつてよく見ていたテレビ番組「知る食うロード~発見!食の景観~」でナビゲーターを務めていた野瀬泰申の著作。
 3は、宮脇俊三の購入7冊目、4は、宮本常一関連文庫本の6冊目。
 6は、司馬モノで、「街道をゆく」の全シリーズが揃って以降のNEXTとして買ったもの。
 7、8は、柚月裕子の4、5冊目。9は、鴨志田穣・西原理恵子の“アジアパー”連作ものの5冊目で、これでシリーズすべてが買い揃ったことになるのかな。

 というように、このごろは特定の作家について一定程度読み続ける風が定着してきた形。沖縄関連本もナシ。学術的な書籍もナシ。
 新刊を定価で買うということをほとんどしないヒトになってしまいました。それで足りているわけですから、いいんですこれで。(笑)

 2022年4月から5月中旬までの間に買った本は、購入順に次の6冊です。

1 民俗学の旅  宮本常一 講談社学術文庫 199312 古480
2 途中下車の味  宮脇俊三 新潮文庫 199206 古275
3 ローカルバスの終点へ  宮脇俊三 新潮文庫 199108 古220
4 5分で読める! ひと駅ストーリー 乗車編  「このミステリーがすごい!」編集部 宝島社文庫 201212 古220
5 イザベラ・バードの「日本奥地紀行」を読む  宮本常一 平凡社ライブラリー 200212 古351
6 オレンジデイズ  北川悦吏子 角川文庫 200602 古220

minzokugakunotabi.jpg  tochugeshanoaji.jpg  localbusno.jpg

5min hitoeki jousha  okuchikikouo.jpg  orangedays.jpg

 いずれも古書で、2~4と6の4冊はブックオフの最寄り店取り寄せで、1と5はその方法よりも安い価格でアマゾンから、それぞれ入手しました。総額で1,766円です。

 1と5は宮本常一、2と3は宮脇俊三、4は安易に読める短篇オムニバス、6は2004年にテレビ化されたものが今再放送されているのを見て、読んでみようかと。

 書物という奥の深いアイテムをこんなに安く買い求めることができ、今の時代とは、わが人生の中でも案外幸せな季節だと言えるのではないか。

 2022年3月の1か月間に買った本は、購入順に次の9冊です。

paris e itta  austria taizaiki  tachisobashun.jpg

asiapaden.jpg  nienie asiapa  localsenhitori.jpg

hanaore.jpg  10min mystery  5min hitoeki kousha

1 パリへ行った妻と娘  近藤紘一 文春文庫 198807 古316
2 オーストリア滞在記  中谷美紀 幻冬舎文庫 202102 古414
3 立ちそば春夏秋冬  今柊二 竹書房文庫 201510 古200-100
4 アジアパー伝  鴨志田穣、西原理恵子 講談社文庫 200305 古110
5 煮え煮えアジアパー伝  鴨志田穣、西原理恵子 講談社文庫 200512 古110
6 ローカル線ひとり旅  谷川一巳 光文社知恵の森文庫 201404 古200
7 花折  花村萬月 集英社文庫 202109 古333
8 「このミステリーがすごい!」大賞10周年記念 10分間ミステリー 「このミステリーがすごい!」大賞編集部 宝島社文庫 201202 古200
9 5分で読める! ひと駅ストーリー 降車編  「このミステリーがすごい!」編集部 宝島社文庫 201212 古200

 いずれも文庫本の古書で、Amazonとブックオフオンラインから合計1,983円で買い集めました。(3は100円引きのクーポンを使用)
 1はシリーズの3冊目、2は女優中谷の滞在記という点に興味があって、3は今柊二の4冊目、4、5は連作物の自分にとっての3、4冊目。
 6は鉄路旅の本を読みたいと考えての初めての谷川一巳作品で、7は東京藝大取手キャンパスが舞台の長編小説という点に着眼しています。
 8、9は、新しい書き手を求めて買ってみたオムニバスものです。

 もう沖縄関連本は入っていません。沖縄戦や政治モノばかりでなく、沖縄文化などの読みたくなる本を出してくれ、沖縄ローカル出版界よ。
 1か月に10冊というのが今の読書ペースなので、このぐらいが妥当な入手量かもしれません。

 2022年1月中旬以降、2月末までに買った本は、購入順に次の9冊です。

1 野武士、西へ 二年間の散歩  久住昌之 集英社文庫 201603 古351
2 宮本常一が見た日本  佐野眞一 ちくま文庫 201005 古351
3 ふらっと朝湯酒  久住昌之 カンゼン 201401 古350
4 僕といた夏を、君が忘れないように。  国仲シンジ メディアワークス文庫 202103 古300
5 定食ニッポン  今柊二 竹書房 200704 古200
6 寝台急行「昭和」行  関川夏央 中公文庫 201512 古200
7 炭酸ボーイ  吉村喜彦 角川文庫 202104 古400
8 野武士のグルメ 増量新装版  久住昌之 晋遊舎 201403 古415
9 汽車旅12カ月  宮脇俊三 河出文庫 201001 古346

nobushi nishie  miyamotogamita.jpg  furattoasayu.jpg

bokutoitanatsuo.jpg  teishoku nippon  shindaikyuko showa

tansanboy.jpg  nobushinogurume.jpg  kishatabi12.jpg

 今回もすべてが古書で、合計2,913円。安上がりな趣味だよナ。
 1、3、8は、読んでいて疲れないQUSUMIモノ。「食い意地クン」から読み始めて、これが彼の8~10冊目。出版順だと8、3、1の順に読まなければならないのかな。
 2は、「旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三」に続いて読む、佐野眞一による宮本常一論。
 4、7は、沖縄関連の小説2作。
 5は、既読の「ニッポン定食紀行」「ニッポン定食散歩」に先立つ、今柊二の定食食べ歩きガイド本。
 6は、鉄道大好き作家の作品で、関川夏央を読むのはこれが3本目。
 9は、鉄道作家の第一人者・宮脇俊三モノで、氏の作品もこれが「日本探見二泊三日」「最長片道切符の旅」(以上既読)、「線路の果てに旅がある」に続いて4冊目の購入となります。

 気に入った作家は複数作を味わってみる習慣がつき、その作品に出てきた著作や場所などについて、どんどん興味の赴く先が増えてきています。

 2022年1月初頭から中旬までに買った本は、購入順に次の11冊です。

1 忘れられた日本人  宮本常一 岩波文庫 198405 古595
2 最長片道切符の旅  宮脇俊三 新潮文庫 198304 古399
3 線路の果てに旅がある  宮脇俊三 新潮文庫 199612 古408
4 ニッポン線路つたい歩き  久住昌之 カンゼン 201705 古443
5 旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三  佐野眞一 文春文庫 200904 古400
6 バンコクの妻と娘  近藤紘一 文春文庫 198012 古400
7 気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている  村瀬秀信 講談社文庫 201606 古200
8 「十五少年漂流記」への旅 幻の島を探して  椎名誠 新潮文庫 202106 古350
9 ぼくの旅のあと先  椎名誠 角川文庫 202012 古400
10 街道をゆく20 中国・蜀と雲南のみち  司馬遼太郎 朝日文庫 198704 古200
11 修羅と豊饒 沖縄文学の深層を照らす  平敷武蕉 コールサック社 201911 古200

wasureraretan.jpg  saichokatamichi.jpg  senronohateni.jpg

nipponsenro.jpg  tabisurukyojin.jpg  bangkoknotsumato.jpg

kigatsukebachain.jpg  15shoneneno.jpg  bokunotabinoa.jpg

kaidouoyuku20.jpg  shuratohoujo.jpg

 相変わらず格安の古書ばかりで、送料を入れても11冊で3,995円。
 このところ、ブックオフオンラインで買って最寄りの店に取りに行くことが増えていて、5~11の7冊はそれ。しかし、ブックオフには物がなかったり、送料をかけても個別に送ってもらうほうが安かったりする場合もあり、1~4の4冊はアマゾンからの個別取り寄せとなりました。

 最近の目先の方向は、宮本常一と宮脇俊三。宮本は1と5、宮脇は2と3で、先ずはこのあたりからという位置付けで、今後さらに他の著作も読み続けていくことになりそうです。
 ほかは、以前からマークしていたもので、Qusumiの4についてはやっと値ごなれしてきたところをすかさずゲット。6も、しばらく待っていてようやく在庫が出たところをパクリと。
 8、9はシーナの文庫物で、新刊で買っても3桁で買えるのだけれども、新しいうちに買ったとしてもどうせしばらくは“積ん読”として放置されることになるので、いくらでも安いほうがいいという考え。
 長らく読み続けてきた「街道をゆく」シリーズは、この10でとうとう全43巻コンプリートとなります。
 11は、かなり以前から価格ウォッチしていたもので、200円なら買って損はしないでしょというもの。

 このところ、買う量が大きく読む量を上回っていて、デスク脇の書棚には買い集めた未読本が60冊ほどたっぷりと積まれています。読書好きにとってはうれしい反面、早く読みたい心情からくる焦燥感もあったりして。(笑)
 まあ、自分の読むペースから言えば、少なくとも今後半年ほどは読むものには困らなくて済むわけで、今後しばらくは安心して読書ライフを続けていける恵まれた状況をつくることができている、ともいえるわけです。
 本の中にある世界に対する興味は尽きません。

 2021年12月の後半、月末日までに買った本は、購入順に次の9冊となりました。

1 街道をゆく24 近江・奈良散歩  司馬遼太郎 朝日文庫 198812 古200
2 街道をゆく42 三浦半島記  司馬遼太郎 朝日文庫 199801 古110
3 街道をゆく25 中国・閩のみち  司馬遼太郎 朝日文庫 198901 古200
4 ご当地バカ百景 噂で描いた47都道府県  一刀 宝島社 200601 古110
5 街道をゆく16 叡山の諸道  司馬遼太郎 朝日文庫 198507 古200
6 街道をゆく7 甲賀と伊賀のみち 砂鉄のみちほか  司馬遼太郎 朝日文庫 197901 古200
7 月の下のカウンター  太田和彦 小学館文庫 202103 古420
8 driver臨時増刊 オール国産車&輸入車完全アルバム2022  八重洲出版 202112 700
9 旅先のオバケ  椎名誠 集英社文庫 202107 古320

kaidouoyuku24.jpg  kaidouoyuku42.jpg  kaidouoyuku25.jpg

gotouchibaka.jpg  kaidouoyuku16.jpg  kaidouoyuku07.jpg

tsukinoshitano.jpg  driver1 2022  tabisakino.jpg

 書店から正価で買ったのは8のみで、数年後の新車購入に向けて今のうちから学習しておこうと思って入手。
 ほかの8冊はいずれも古書で、最近覚えたブックオフオンラインを使って注文し、最寄りのブックオフで受け取ってくるもの。送料がかからないので、アマゾンで買うよりもずっと安い。ただ品数は限られているので、名作や人気作家モノ、年代が古くないものなどはブックオフで買うようにしていくのがよさそうです。
 このうち「街道をゆく」シリーズは5冊買って、未入手はとうとう全43巻中「20 中国・蜀と雲南のみち」の1冊を残すのみとなりました。
 今回は、新刊1冊を含めて9冊で2,460円也。

 2021年12月の前半(13日まで)に買った本は、購入順に次の10冊です。

1 街道をゆく26 嵯峨散歩、仙台・石巻  司馬遼太郎 朝日文庫 199006 古110
2 日本残酷物語1  宮本常一ほか 平凡社ライブラリー 199504 古901
3 街道をゆく5 モンゴル紀行  司馬遼太郎 朝日文庫 200809 古200
4 街道をゆく9 信州佐久平みち、潟のみちほか  司馬遼太郎 朝日文庫 197902 古200
5 街道をゆく15 北海道の諸道  司馬遼太郎 朝日文庫 198507 古200
6 街道をゆく18 越前の諸道  司馬遼太郎 朝日文庫 198702 古200
7 街道をゆく28 耽羅紀行  司馬遼太郎 朝日文庫 199008 古350
8 街道をゆく37 本郷界隈  司馬遼太郎 朝日文芸文庫 199607 古200
9 街道をゆく39 ニューヨーク散歩  司馬遼太郎 朝日文芸文庫 199704 古110
10 街道をゆく40 台湾紀行  司馬遼太郎 朝日文芸文庫 199706 古300

kaidouoyuku26.jpg  nihonzankoku1.jpg  kaidouoyuku05.jpg

kaidouoyuku09.jpg  kaidouoyuku15.jpg  kaidouoyuku18.jpg

kaidouoyuku28.jpg  kaidouoyuku37.jpg  kaidouoyuku39.jpg

kaidouoyuku40.jpg

 このうち9冊は、買い残していた「街道をゆく」シリーズを、ブックオフオンラインを活用して2度にわたって取り寄せたもの。ブックオフオンラインには送料いらずで最寄りの店舗で受け取れるシステムがあり、これを利用すると所望のものが満足のいく価格と体裁で入手でき、なかなかいいシステムだと思う。
 「街道をゆく」はこれで、だいぶ以前に読んでいるものを含めて、全43巻のうち37巻を手にしたことになり、残りは7(甲賀と伊賀のみち、砂鉄のみちほか)、16(叡山の諸道)、20(中国・蜀と雲南のみち)、24(近江散歩・奈良散歩)、25(中国・閩のみち)、42(三浦半島記)を残すのみとなりました。
 ほかには、宮本常一関連で2をゲット。これだけは、ブックオフで買うよりもアマゾンから送料をかけて買うほうが安かったけれども、これが突出して高い。
 都合10冊で2,771円。中身が読めることで満足できるのであれば、読書はこの程度の値段で楽しめる。幸せなことではありませんか。(笑)

 それにしてもここまで買い集めると、読む本がなくなるというような事態には、しばらくは悩まされずに済みそうです。