FC2ブログ
2021.07.30 20210729 木
 6時起床。今日も引き続きオリンピックの録画セットをして、朝のルーチン作業に取り掛かる。
 台風も去り、朝からミンミンゼミがバカ声でガシガシ鳴いているのを聞けば、この2~3日とちがってこの日は暑くなることが容易に察せられる。

 堀田あけみの小説は、恋愛ものだけれども名古屋弁の会話が多く出てくるので、アマゾンで文庫の古書を3冊まとめて買ってみる。それらは「さくら日記」(1988)、「煙が目にしみる」(1993)、「想い出させてあげよう」(1998)。
 ついでに司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズから3冊チョイスしてこれらもゲット。合わせて6冊、2,459円。

 この間、朝のうちにいくつか入れておいた株式の注文のうち2銘柄が約定。3年ぶりに黒字決算となった日産自動車が上げたので、一部を売却。一方、低迷を続けている東電HDを買い足しておく。

 午前中は、バドミントン混合ダブルスの渡辺・東野組の準決勝から。ランク上位の相手に惜しくも敗れて明日の3位決定戦へ。

matsuno 202107
(「松の」の冷しらーめん)

 昼食は、天童市中里の「松の」を2年7か月ぶりに再訪して、冷しらーめんの大盛り、800+100円をチョイスしてみた。
 塩分控えめのやさしいスープ。それにあとがけしたラー油でコクと辛さを加えていて、こういう味わいの冷やしラーメンも嫌いではない。ホワイトペッパーも多めにかけてずるずると。
 麺量は十分で、低温調理のようなチャーシューがデカくて、満足のできる1杯だった。

 午後からは水泳。男子200m個人メドレーの準決勝では、瀬戸大也と萩野公介が巻き返し、全体3位と6位で二人とも明日の決勝に進出する。
 バスケットボール男子は予選リーグのスロベニア戦。五輪で歴史的な1勝をもぎ取れるかという一戦だったが、徐々に差がついて81-116で敗れる。
 バドミントン女子シングルスの決勝トーナメント1回戦には勝ち上がった奥原希望と山口茜が登場し、ともに勝ってベスト8進出を決める。奥原は勝った後、にっこり笑ってカメラに向かって手を振るところがかわいい。

okuhara nozomi 20210729
(バド女子単でベスト8にコマを進めた奥原希望)

 柔道は、女子78kg級と男子100kg級。濱田尚里(しょうり)とウルフ・アロンは順調に勝ち上がって、夕方の準決勝へコマを進める。19時のニュースの時間帯の番組は変更が入って録れていないことが多く、今夜も録れていなかったので、結果は深夜のデイリーハイライトで確認する。
 決勝で寝業師・濱田は、1度目の寝技を崩れ上四方固めでものにし、瞬殺。ウルフ・アロンは激闘の末大内刈りで一本勝ち。同階級での金は2000年シドニー五輪の井上康生以来となる。

hamada shori 20210729
(決勝相手を寝技に持ち込んだ濱田尚里)

wolf aaron 20210729
(柔道男子100kg級でウルフ・アロンも金)

 卓球女子シングルスの伊藤美誠は準決勝で敗れて3位決定戦にまわる。相手は決勝リーグで石川佳純を下してきたシンガポールの選手。彼女ならやってくれると思っていたが、粘り強く闘って、女子単史上初のメダルを獲得した。
 体操女子個人総合では、村上茉愛が過去最高の5位入賞。体型的には欧米の選手たちのようにはいかないので、せめて表情だけでも柔らかくすれば持っている愛嬌のようなものはいい方向に作用すると思うのだが、まあ、余計なお世話だな。

ito mima 20210729
(卓球女子単で伊藤美誠は銅)

mirakami mai 20210729
(体操女子個人総合では村上茉愛が5位)

 またもや増えている新型コロナの感染者が、この日初めて全国で1万人を超えたとの報。
 夕方に、西村山地方に大雨警報。局地的なもので、山形市内南部はちょこっと降っただけだったのだが。

 日が変わるまでテレビを見続け、少しだけ読書をして、25時就寝。
 「われも恋う」を50ページ。

関連記事
Secret