fc2ブログ
oyafukodori.jpg

   講談社文庫  590円+税
   2006年8月11日 第1刷発行

 福岡・博多を題材とした小説を探していて見つけたもの。
 タクシー強盗と、港の火事、そしてスーパーの警報騒ぎ、同時に起こった事件の意外な関連とは……。
 中洲の屋台でバーを営む鴨志田鉄樹と、結婚相談所の調査員・根岸球太。腐れ縁の通称「鴨ネギコンビ」が、どういうわけか、物騒な事件に関わっていく。博多を舞台に大暴れ! ハードボイルド・ストーリー。(カバー背表紙から)

 2001年に刊行されたものを文庫化したもので、いい感じの博多弁での会話に出会えるし、美味い料理と美味い酒も登場。さらには博多の屋台の裏事情がチラリと覗けたりして、博多に触れあうという目的は十分に達成されました。

 北森鴻(きたもりこう)という作家の作品は初めて読みました。1961年、山口県下関市生まれで、駒澤大学文学部歴史学科を卒業して小学館の編集プロダクション勤務、フリーライターを経て、作家デビューしたという人物。1995年「狂乱廿四孝」で鮎川哲也賞、1999年「花の下にて春死なむ」で日本推理作家協会賞・短編および連作短編集部門を受賞しています。ところが、2010年1月、山口市内の病院で心不全にて48歳で死去していることを知りました。骨董や民俗学、料理や酒、明治初期の歴史などの分野を得意とする推理作家だったそうです。
 親不孝通りを舞台に「鴨ネギコンビ]」が活躍するものとしては当作のほかに、「親不孝通りラプソディー(2006)があるようなので、これも読まなきゃ。さっそくアマゾンの「ほしいものリスト」に登録しました。
(2021.6.20 読)

関連記事
Secret