fc2ブログ
2021.10.15 20211014 木
 窓を閉めて寝ていて周囲が静かなので、7時近くまで眠っている。昨夜は22時近くになってから主食級のものを食べてしまったので、朝は胃が重い。
 つれあいがいないので、彼女がやっている家事のほんの一端を朝から始める。まずは燃えるごみをまとめて集積所へ運んでいく。

 一人の朝ならばどこかに朝食を食べに行こうと思い立ち、「ガスト山形あこや町店」を4年10か月ぶりに再訪して、よりどりバランス朝定食、769円を食べる。大盛り無料なので、そのように。
 ご飯・味噌汁・小鉢・漬物・ドリンクバー付きのはずだが、小鉢になるはずの野菜の煮物はメインディッシュに一緒に盛り付けられている。ほかには、ソーセージ、ベーコン、目玉焼き、塩サバ、生野菜と、ガストの汎用素材のめぼしいところをまとめて盛りつけてみましたというつくりになっている。
 大皿の盛り付けが平板で立体的ではなく、メニューの写真とちょっと違うかなという感じ。塩サバは前日食べたものとは大違いだったが、でもまあ朝ごはんであれば全体としてこの程度で十分だろう。
 ファミレスとしては予想以上にごはんの量がある。味噌汁の具はワカメ少々としょぼめだが、ドリンクバーが付くので、ジュース、スープ、コーヒーなども飲めて、納得だった。
 60歳以上はすかいらーくグループでの食事がいつでも何回でも5%引きになる優待券があることを知り、さっそくもらうことに。なんたってシニアだからな、ウッシッシってなもので。これを使って731円で食べることができた。

gusto akoya 202110
(ガスト山形あこや町店のよりどりバランス朝定食(山形市)

 戻ってからは、昨日の洗濯物を取り込み、家の衣類やリネン類を洗濯する。今日は天気がいいのですべてベランダに干す。昼前から出かけるので取り入れるが、夜までには乾くだろう。

 正午前に出て、オペ立合いのため、つれあいのいる病院へ。予定どおり13時過ぎから始まり、終わったのは16時半頃だった。
 たっぷりあった待ち時間は、つれあいのことを考える時間となる。出会った頃から現在まで、そしてこれからのことまで思いは及び、自分と結婚し、今こうして共に暮らしていることが、彼女にとって果たして幸せだったのかどうか、持ち味を十分に発揮し得た日々だったろうか――と。
 ここまでくる間にはお互いにいろいろな場面で岐路に立ち、Aに進もうとすればBやCを切り捨てたり諦めたりしながら、その都度これがいいと“選択”をしながら歩んできたわけだ。しかしそういう積み重ねは結局のところ、壮大な“成り行き”だっただけのことなのではないか。
 だとすれば、成り行きでたどり着いた先で、「ここまでやって来てよかったな」と思えるかどうかは極めて重要なことのはずで、その点彼女はどう思っているのだろうかと、急に心配になるのだった。
 そうは言いながら、4時間近くもそればかりを考えていたわけではなく、持参した文庫本を読んだりして待つ。待つしかない。

hospital 20211014
(病院の待合場所からは山形らしい景色が見えた)

 ベッドに乗せられ、麻酔が完全に抜けていない状態で戻ってきたつれあいだったが、執刀医によれば、特に問題なく終えることができたとのこと。まずはホッとして、礼を述べる。病室には入れないので、ここで別れる。

 一安心したら、井之頭五郎のように、急に腹が、ヘッタ……。(笑) うん、夕食時間には早いが、メシにしよう。
 嶋北の「スシロー山形北店」にて。本鮪三貫盛り、軍艦甘えび、おろし焼とろサーモン、軍艦まぐろ山かけ。やっぱりまぐろってうまいよな。甘エビもプリッとしていておいしかった。
 締めに、期間限定のスシローの甘辛カレーうどんというものを食べてみた。その名のとおりで味がよく、税込み308円ならまあ、納得できる。けれども、カレー類は寿司とともに食べるものではないよなぁと思ったところ。合計968円。やっぱり寿司はいいねぇ。

sushiro north2 202110
(「スシロー山形北店」の、スシローの甘辛カレーうどん)

 戻ってからは、日中にできなかったカキモノをして、19時半にようよう入浴。その後、録画の「秘密のケンミンSHOW」を見ながら飲めばもう何も食べなくてもよくなって、時間も押しているし本日はここまでだなあという気になる。
 この日は一日病院に引きずられた形だったが、手術がうまくいったので安らかに終えることができることに感謝しようではないか。今日、衆議院が解散して、「報道ステーション」で各党首が出演して政策等を述べているのを見ながら寝る準備に入る。今夜はゆっくり眠れそうだ。23時前に寝床に入り、ほぼすぐに眠りに落ちる。

 この日の読書は、病院内で「昭和御前試合」を60ページ余り読んで読了。これが2021年中に読み終えた100冊目となり、1か月半を残すこの段階で、年間目標を達成することができた。
 すぐに「散歩のとき何か食べたくなって」(池波正太郎著、新潮文庫、1981)を読み始めて、90ページ。

関連記事
Secret