fc2ブログ
2022.05.12 20220511 水
 6時半起床。毎週水曜は母への届け物の日だったが、今週から土曜日だけ週1回に変更したので、行かなくて済む。母には申し訳ない気もするが、実現できない要求やいわれのない雑言を聞かされる回数が減ってホッとしている気分のほうが勝っている。

 朝作業をしながら、少しのディレイで今朝放送の「ちむどんどん」を観る。こちとらお安くできているようで、比嘉家の家族模様を見ているだけで感動して涙が出てしまう。感情移入して自室で一人、涙と洟水を拭いながらの冴えない時間となるのだが、なぜか沖縄の風土や気候、人々の心の持ち方や天真爛漫さなどが、そういうことを苦にさせなくしてくれる。

chimdon 20220509
(今週の「ちむどんどん」は“フーチャンプルーの涙”編)

 「あなたの場合、食べ過ぎさえ回避すれば、血液検査の数値はすぐに改善するのです」と、かかりつけ医から言われたばかりなので、この日の昼食は軽く、どこかでカレーライスを食べる程度にとどめよう。あれこれ欲張らずに思いついた、「和風レストランまるまつ成沢店」にて。
 カレーライス、590円。スープバー付き。普通盛りとしてはルーと飯量に不足感はなく、福神漬は別皿で多めに。このコンビネーションはいいんじゃないか。想定を上回るデキだと思う。味わいの面では、格別だと思えるようなところはないものの、適度なとろみの中にある程度の具材が入っているし、どちらかというとカレー専門店よりも大衆食堂の味わいに振れていて、こういうのは好きな部類に入る。とんかつなどの揚げ物やミニサラダなどはなくとも、これで十分なんじゃないか。

marumatsu nrsw 202205
(「和風レストランまるまつ成沢店」のカレーライス)

 午後からは、読書と録画鑑賞。読書は「月の下のカウンター」を読み、この日は60ページ。
 録画「人生最高の贈り物」は、昨年1月にテレビ東京が新春ドラマスペシャルとして放送したものの再放送で、脚本岡田惠和、主演石原さとみ。余命宣告を受け、実家に帰省した長野県安曇野市在住の女性が、ひとり暮らしの父と長野で暮らす夫、そして周辺の人々との絆を紡ぐことで自らの運命を受け入れるさまを描く、というもの。
 妻を亡くしてひとり暮らしをしている主人公の父役の寺尾聰がいい味わいを出し、ほかに向井理、勝地涼、キムラ緑子、角野卓造などを配している。若い頃の石原さとみはチャーミングで魅力的だったものだが、妙齢になるにつれて厚い唇が少々目立ち過ぎとなり、それは庶民的とは言えてもあまり上品には見えないのだった。(御無礼)
 ほかにもたくさん消化する。夜までの間に見た順に、「Mリーグ2021-22」、「ブラタモリ」の鉄道スペシャル~開業150年!鉄道は日本をどう変えた!?編、「今夜はコの字でSeason2」のコの四、「デカ盛りハンター」の「やよい軒」人気トップ20を爆食!編、「吉田類の酒場放浪記」の小岩「鳥正」編などを、CM飛ばし、時には早送りで見流す。こうしてようやく、残量極少のレッドソーンから脱却することができたが、先が思いやられる。

jinseisaikono 202104
(寺尾聰、石原さとみ、向井理)

 車検のためイエローハットにクルマを持ち込んだのが5月1日で、GWのため部品の供給が得られず車検が終わらないまま今日まで来て、どうなっているのだろうと思っていた。すると、夕刻に先方から連絡が入り、部品のメドは立ったものの整備のほうの空きが取れず、車検自体は5月14日以降になるとのことだった。結局2週間以上もポンコツ代車に乗っていなければならないことになる。まあいいけど。

 そんなことで、この日は録画視聴中心で回った一日だったようだ。23時過ぎには就寝。

関連記事
Secret