fc2ブログ
ryufes logo 2022

 2022年の「琉球フェスティバル東京」が、今年は8月28日に開催される旨の告知が届きました。去年までは10月頃に開催されるのを例としていたので、今年は早いです。(嬉)

 「沖縄復帰50周年公演」ということで、告知画像には「沖縄復帰50周年」のロゴが入っています。勝手に推測すると、こうすることで、記念公演として県等から助成金が得られるのかもしれません。

 2020年はコロナで中止となり、21年は残念ながら不参加でしたが、気温13度という寒い中、大声出しも乱舞も酒飲みもカチャーシーもNGという今一つの開催だったようです。しかし26回目の開催となる今年は、規制が緩やかになってきこともあり、きっと楽しめるイベントになるのではないか。

 公演詳細です。
 8月28日(日) 開場15:15/開演16:15。
 会場は恒例、日比谷野外大音楽堂(雨天決行)。ここしか考えられない。
 料金:前売7,300円/当日7,800円(全席指定・税込)、一般発売日は6月3日(金)

 気になる出演者は、
 大工哲弘 with 苗子。恰幅がよかった大工さんは公演時には74歳。年齢とともに痩せてきたのではないか。一方の苗子さんは、沖縄の女性らしくますます元気そう。アコーディオンなどの演奏家のロケット・マツがサポートするようだ。
 パーシャクラブ。琉フェス東京になくてはならない存在。いつものように激しく元気なサウンドを聴かせてくれ。
 よなは徹バンド。三線ナンバーワン、いまや沖縄島唄界の第一人者。それにとどまらずヘヴィサウンドもこなす万能選手だ。
 きいやま商店。石垣島代表。唄のみならず笑いも取れるジョートー・タレントだ。
 成底ゆう子。エイサーソング「ダイナミック琉球」でブレイクしたが、彼女の真価は別のところにあると思う。「真っ赤なデイゴの咲く小径」あたりが、好きなんだ。彼女は大阪開催では2009年に出場しているが、東京開催に出場するのはもしかしたら初めてかもしれない。さて、琉フェスの必修科目である三線は披露してくれるのか?
 琉球オールスターズ。よなは徹のほかに、伊藤幸太・前田博美・宜寿次光(ぎすじひかり)がメンバーらしい。伊藤は大工哲弘の弟子で東京在住、前田は沖永良部島出身で沖縄県立芸術大学大学院卒の実力派、宜寿次は1999年沖縄市生まれの若手唄者であるという。
 司会は、いつものとおりガレッジセールだ。笑わせてくれ。

narisoko yuko 2018
(東京開催は初出場?の成底ゆう子)

 心配なのは、秋口の台風の襲来と、まだ8月の厳しい暑さだろうが、自分にとって3年ぶりとなる琉フェスなので、今年はぜひ見に行こうと思っている。
 今から楽しみだ。

関連記事
Secret