fc2ブログ
2022.05.14 20220513 金
 6時15分起床。
 自分はいつもどおりの朝だが、つれあいのほうは今年3月末をもって仕事を辞め、昨日で毎日の病院通いが終わって、ようやくめぐってきたどこにも出かけなくてよい平日の朝となった。今朝は土曜日の朝みたいだと言ってとまどっている。40年も仕事一途でやってきたヒトなので、そう思うのもむべなるかなといったところか。これからはそれが毎日ですからね、自分なりの対処の仕方を早く見つけてくださいね。
 さて、そうなると、われら夫婦は週末のみならず平日も含めてほぼ毎日、二人で家に居続けることになる。そういう状況になるのは連れ添うようになってからこのかた初めてのことで、この3年の間、平日には一人家にいてのんびりと暮らしてきた当方にとっても、これはかなり大きな環境変化になるのかもしれない。

oki-img1251.jpg
(okinawa-image(1972年5月15日、沖縄))

 NYが6営業日連続で下げて今年の最安値となった一方での今日の東京の株式市況は、開場時に下げてスタートしたもののその後着実に値を上げて、日経平均終値で2.64%の上昇となった。朝のうちに安くなっていた3銘柄を買い、後場で上げた保有1銘柄を売って、自分の持ち株も日経平均と同程度の上げとなり、この日も善戦した形となった。

 昼食は家で、つれあいがつくってくれたスパゲティ。昔ながらのナポリタンを所望したのだが、ナスや牛肉まで投入され、ナポリタンの域を超えたデキかつ唯一無二の味になっている。このために買ってきたタバスコと粉チーズの風味がよく、量は多い。

house lunch 20220513
(この昼は自宅にてパスタを)

 午後は、太田和彦著の「月の下のカウンター」を読む。
 さまざまな雑誌に掲載されたコラムをまとめて2010年に「本の雑誌社」から刊行された単行本を元に加筆修正し、新たに未収録のコラム11本を加え、全43本にして文庫化されたもの。その1本目の「場末の酒場にて」は、内省的な書き出しで始まる。
 ……世知辛い人の世で苦労してささやかな栄達を得るよりは、しがらみから離れ自由気ままに生きたい。栄達で得た地位や暮らしを守るのに汲々とするよりも、ままよと流され、零落に身をまかす。淋しいが、その淋しさもまた格別だ。たどり着いたところは場末の酒場。安酒をちびちびと口にはこび、今の境遇をじっと味わっている。これを風流と開き直ろう。世間も、女房も、家族も知るもんか。――
 このあたりの心理は自分にもよくわかり、強く同調したくなる。
 太田は、東北弘前のガラス戸のガタピシいう申し分のない場末の居酒屋で、首にネッカチーフ、綿入りネンネコのお婆を前にして、箸をつけるつもりのないおでんを頼み、まずい酒を飲んでいる。
 ……自分はなぜここに居るのだろう。この場所も定かでない。ここに自分が居ることは誰も知らない。私は何をしているのだろう。何もしていない。ただここに居ることを味わっている。
 居ることが安息なのであればここは天国か。天国とは汚いところだ。その汚い天国の、なんと居心地の良いことか。こうして私の流浪な居酒屋旅が始まった。――
 と、思い入れたっぷりな一文から、心の旅ともいえるこの出版物はスタートするのだった。
 第4章「山小舎の灯」は、2000~07年に東北芸術工科大学(山形市)で教鞭を執り、そのとき読売新聞の東北版に月1回の連載を依頼され、大学での日々のことを書いたもの。居酒屋探訪的な内容ではなくここに掲載されているのはやや場違いな感じがするが、暮らしている場所のことがいろいろと出てくるので、当方としては興味を持って読めるのだった。
 この日はこれを60ページ読む。午後はほかに、信州方面車旅の情報収集と昼寝と。

tsukinoshitano.jpg  ohta kazuhiko 202205
(「月の下のカウンター」(小学館文庫)と太田和彦)

 M&Iカンパニーから、今年の琉球フェスティバル東京が8月28日に開かれる旨のお知らせメールをもらっていたので、今夜のうちにそのときの東京の宿を押さえておく。「早期割60」の設定をしている日本橋のホテルがあったので、3泊4日を11,532円で予約する。JR西日本グループの、しかも東京ど真ん中のホテルでこの価格なら御の字だろう。こういう素早い行動は、先の日程を自分で決められる無職だからこそできるものではないか。
 3泊としたのは、この機に「街道をゆく36 本所深川散歩、神田界隈」を読んで触発された“東京下町散歩”をやりたかったのと、ついでに日帰りで甲府市内を見て来たいと思ったためだ。テレビ番組で紹介されていた人気の飲食店などにも行ってみたい。東京ぐらいならいつでも行けるので、4日の間に巡れる範囲の行動でかまわない。見逃したところはまた行けばいい。

 録画の消化は、「孤独のグルメSeason6」の千葉県富津市金谷のアジフライ定食編(店の女将役の松本明子がよかった)、「久住昌之のニッポン箸休め散歩」の高知編(再放送で、これも一度見ている)、ドラマ「オレンジ・デイズ」の第4話(2004年作品の再放送)。

関連記事
Secret