fc2ブログ
2022.05.20 20220519 木
 5時きっかりに目が覚めるが、そのままベッドにとどまって、6時20分にようやく起き上がる。天気は今日もよさそうだ。
 今朝までのNY市場の動向を確認すると、なんと1,160ドル余、3.57%も下落している。小売決算が予想を大きく上回って悪化したのに加えて、高インフレや景気後退入り懸念がさらなる売り圧力を生んだのだという。小売業の不振やインフレは日本の場合アメリカほどではないのだが、下落の影響は避けられないだろう。ならば、今日動くとすれば、大きく下げるものがあった場合の「買い」だ。
 結果としては、前場終了時の段階では日経平均で600円ほどの大きな下げとなったが、持ち株評価の目減り額では、昨日プラスになった額の範囲内にとどまる。後場ではさらに回復して、値上がりし始めた2銘柄を売って利益確定までやれてしまった。

oki-img 1226 tumaihama
(okinawa-image(津堅島トゥマイ浜))

 9時半過ぎ、新しい給湯器の取り付けのため業者が家にやってくる。給湯器については、昨年12月に故障し、メーカーに連絡したところ、半導体不足のため製品の納入が遅れていて、早くても翌年2月頃になる、ついてはしばらくの間は代替機器を無料でレンタルするので、それを使っていてくださいとのことだった。
 レンタル品は何の問題もなく給湯してくれるので、何ならいつまでだってこれでかまわないのだけどなと冗談半分で余裕をかましていたのだが、春を迎えてからも一向に連絡がない。少し心配になって連休が明けてから確認したところ、「連絡しようと思っていた、5月後半には据え付けられる」と、蕎麦屋の出前のような回答が得られた。それが今日、というわけなのだ。

 取付け完了は15時頃になるとのことだが、その間ガレージ前に関係車両が3台も停まっている。午前中のうちに外出して、いくつかの用事と食事を済ませようと思っていたが、どうしてもそうしなければならないわけではないので、用足しは午後にずらすことにする。
 昼メシは、急遽家でひやむぎを茹で、めんつゆにたっぷりのネギと卵を落とし入れ、鯖缶をおかずにして食べる。こういう素朴な食事がうまいんだよナ。

house lunch 20220519
(昼は、家でひやむぎだった)

 しかし、食事が済んだ頃になって、いったん職人たちの車がいなくなったので、今がチャンスと外出する。近時届いていたANAとJALの株主優待券を金券ショップに売りに行き、5桁に達する収入を得る。次に、コンビニで明後日から出かける福岡ステイのための自作PDF資料30枚を印刷してくる。

 午後は、2005年制作の再放送となるNHKのBSエンターテインメント「島唄の風~夏川りみが旅するふるさとの心~」の録画を観る。夏川りみが、沖縄音楽の源流を求めて石垣島と竹富島を旅し、島人の暮らしの中には必ず音楽があり、彼らの心を支えていることを知る、というもの。
 番組には、昨日書いた石垣島白保の「白百合クラブ」も登場していた。石垣島喜宝院の上勢頭同子(ともこ)住職が島のユンタ・ジラバを紹介する場面を見て、この番組を15年前に一度見ていたことを思い出した。番組終了後にゴリが夏川や沖縄の風習などについてわかりやすく解説しているのがなかなかよかった。

shimautanokaze 2005
(「島唄の風」の夏川りみと上勢頭同子氏)

 夜も録画視聴。
 5月8日放送の「沖縄 島唄を見つめて~2022年春~」は、NHKが沖縄本土復帰50周年の関連番組のひとつとして制作したもの。旅の案内役はシンガーソングライターの宮沢和史と、沖縄に行くのが初めてという俳優の駒井蓮。唄を愛し、唄とともに生きる人々を訪ね、その思いを見つめるという趣向の番組。はじめにコザの民謡酒場「なんた浜」の饒辺愛子が登場し、そこで場数を踏んで成長した仲宗根創、その彼の大師匠の故・登川誠仁、今は沖縄県立博物館長となり首里城再建にも力を注いでいる田名真之なども。なお駒井は、全編津軽地方でロケ撮影が行われ、2021年に全国公開された映画「いとみち」の主役を務めた、青森県出身の女優だ。
 ほかにはNHKで始まったドラマ「今度生まれたら」の第1回、再放送ドラマの「オレンジデイズ」の第5回。いずれも録画してから2週間近く経っているものだ。

shimautaomitsumete 202205
(宮沢和史と駒井蓮)

 読書は、夕方までに「汽車旅12カ月」を50ページ余り読んで読了。
 その後、文庫本「定食ニッポン」(今柊二著、竹書房、2007)を手にして30ページ。
 読書量はこの日もこの程度にとどまっている。
 昼寝を飛ばしてしまったからか眠くなるのが早く、23時過ぎに消灯して眠りへ。

関連記事
Secret