fc2ブログ
 2023年11月20日(月)。
 6時15分起床。福島飯坂温泉に1泊するドライブに出かける日だ。
 ちゃちゃっと旅の準備を済ませて、しばらく株式ウォッチなどの毎日のルーチン作業を済ませ、10時過ぎに出発。山形の天候は雨だが、徐々に回復傾向にあり、福島は午後から晴れるとの予報だ。
 ところが、出発時から山形はずっと雨。福島に入ってからも雨は止まず、ホテルに入り、夜になってからも風雨が続いていたのだった。予報、大はずれ。

 事前に調べたところ飯坂温泉は、それは少し大袈裟だろうと思わないでもないが「東の飯坂、西の別府」とまでいわれ、日本最古の歴史を持つ温泉なのだという。阿武隈の支流摺上(すりかみ)川に架かる新旧の十綱(とつな)橋の間2kmにわたって多くのホテル・旅館が両岸に立ち並び、伝統の共同浴場もいくつかあるらしい。

iizaka 00 20231120
(「かまた食堂」のメンマラーメン

 昼食は、米沢市内のどこかで米沢ラーメンを食べようかと考えて、14年4か月ぶり2度目となる通町の「かまた食堂」をチョイスしてみた。
 メンマが多いのがいいなと、メンマラーメン900円。中華そばより200円高いわりにはメンマの量はそれほど多くない。つまりメニューから読み取れることは、中華そばの大盛りを(100円増し)を食べなさいと言うことだろうか。
 手もみの細縮れ麺は、いかにも米沢ラーメンといったほろほろとした食感と独特の味わいで、これが格別においしい。ひと口にラーメンと言っても、米沢ラーメンはそれで一つの別の境地を築いているように思えるのだった。

 「道の駅ふくしま」で、明日の帰路での買い物の下見をするなどして時間をつぶしたものの、ホテルにチェックインするにはまだだいぶ早い時間に、飯坂に着いてしまった。
 しばらく、穴原温泉まで行ってみたり、飯坂温泉の「ホテルジュラク」に入ってみたりして、14時40分に泊地となる「伊東園ホテル飯坂叶や」に着く。激安なのでこのところ頻繁に利用している「伊東園ホテルズ」のひとつだ。ここに泊まれるから飯坂温泉を選んだと言っても過言ではないかもしれない。

iizaka 01 20231120
(伊東園ホテル飯坂叶や)

 さっそく大浴場で入浴。飯坂温泉の湯は熱いと聞いていたが、ここの場合はちょうどよく、露天風呂やサウナは見当たらないけれども、主浴槽自体が広くて清潔な上、洗い場の数が多くてで明るく、好感が持てる。

iizaka 02 20231120
(同 大浴場)

 17時半からはバイキングの夕食。サーモンを主にした刺身や寿司をはじめ、いぶりがっこ入りタルタルソースのチキン南蛮やカカオ風味の立ったカレーをかけた豚カツなどを食べ、飲み放題のアルコールを3杯飲んで、またもや満腹になる。これで入湯税込み一人6,882円と、驚異の価格で泊れるのがスゴイ。

iizaka 03 20231120
(同 夕食バイキング)

 19時前には部屋に戻り、腹をさすりつつニュースを見て休めば、もう一度入るつもりだった風呂はなんだか面倒くさくなり、明朝でいいやと省略。
 ニュースを見ているうちにどんどん眠くなり、耳栓を着けて22時前にはもう眠りへ。

 この日の走行距離は、96kmだった。

関連記事
Secret