fc2ブログ
2023.12.10 20231209 土
 週末を迎えて静かな朝。6時20分起床。
 もう12月半ばになろうとしているのに、今年は雪が降らず、悪くても雨で、気温が高めの日が続いている。この時期までまともな積雪の日がないというのはかなり珍しいかもしれない。

 朝の軽食を済ませた後は真面目に朝作業。日々のカキモノ、ブログの更新、昨夜から気になっていた「霧の中の二人(As The Years Go By)」(Mashmakhan)のMP3の入手、一週間の番組録画、購入本の表紙スキャン……と進めていく。

 10時からは、この時間から一般発売となる、来年1月の大相撲初場所観覧のためのチケット予約に走る。ところが、世の常として販売サイトには混みあっていてなかなかつながらず、ようようつながって所定の手続きをしていくと、そのカードでは決済ができないとか最初からやり直せとかいわれ、そうこうしているうちに希望日の二人マス席はたちまち埋まってしまった。いや、希望日のみならずすべての日の二人マス席が、わずか20分足らずのうちに売り切れになっていた。ひどい話だ。
 結局2階の椅子B席を何とか確保し、使えないといったん拒否されたカードで決済ができた。希望していたマス席よりも二人分で1万円安く、ある意味得をしたと考え、後ろから見たほうが客席も含めた全体が俯瞰できていいと思うことにしたい。でも、椅子B席って、すばらしく土俵から遠い席なのだろうな、きっと。次は、夜のちゃんこ鍋会食の予約だな。

manseki 20231209
(「チケット大相撲」のサイトから入ってみたが……)

 昼食は、前日からこれと決まっていたひっぱりうどんで楽しむ。濃いめで少量のつゆに納豆、生卵、鯖缶、刻みネギを投入してずるずると啜るという、この地方特有の冬の味覚。ふと思うが、これが飲食店で供されることがほとんどないのは、みっともいい食べ物ではないからなのだろう。見た目も、食べるときの音も、ある意味匂いも。

house lunch 20231209
(自宅ランチはひっぱりうどん)

 午後は、HPに書いていた沖縄本の読後インプレの保存版作成作業に充てる。HTMLの内容をWORDにコピペしていく単調な作業で、この日は80冊分ぐらいを処理しただろうか。ちなみに、HPには千冊超のインプレを載せているので、先はまだまだなのだ。
 ほかに目ぼしいものとしては、注文していたマイクロSDカードとUSBフラッシュメモリが届いた。前者のほうはマイクロの上に通常のSDカードとしても使えるようにできるアダプタが付いていて、二刀流で使えるところが便利だ。さっそくその1枚をスマホに差し込んで使い始める。

 読むほうは、午後から夜寝入るまでの間に「日本全国津々うりゃうりゃ 仕事逃亡編」を130ページ。毎日3桁にのせて、100ページを数十ページずつ上回って読んでいれば、だいたい1か月に10冊ペースは維持できる計算になり、この日のペースは概ね平均的と言っていい。ただこれが、読まない日が2~3日続くと、それを取り戻すのに大きな労力を費やさねばならないことになる。毎日欠かさず、着実に、ということが重要だ。

 23時半、就寝。この日、外には出ずじまいだった。

関連記事
Secret